激ヤバ、洋物アブノーマル・言い逃れできないほどの白人ロリ少女にブッ挿したのはユニバースレベルのデカチン!

movie01 movie02 movie03

[再生01] [再生02] [再生03] [再生04]



エゴイストエログさんから、少女の操的には記念すべき第一回目の映像です。

僕が育った街は田舎でした。
田舎田舎と一口に言っても色んな田舎がありますよね。

ただ地方なだけ、あまり目立った県じゃない、なんてのは僕の中では田舎とは呼べません。
まぁ本当にド田舎で更に目立った県じゃないケースもあるかも知れませんが、要するに自然だらけだとか買い物に不便だとかって事じゃありませんよってことです。

僕が育ったのは地方の、行き止まりと言えるような地域。
具体的な県名を言うのが手っ取り早いんですが、凄く嫌な場所にあります。

行き止まりってのは端っこって意味じゃないんです。日本は島国だから端っこだらけ。そんなことじゃない。
むしろ端っこの方は流通経路がしっかりしてるので、逆のその一歩手前って地域が一番廃れるんです。僕が育ったのはそんなところ。人も物も通過はするけど立ち止まらないような場所。

前置き長すぎですが、そんな場所なだけに僕は恥ずかしながら上京するまでロクに外国人の方を見かける事がありませんでした。
東京の街を歩けば外国人なんてザラに見ることが出来ます。観光客ももちろんですが、生活してる人も多い。

そんな外国人との接点が無かった僕にも、お近づきになる機会がありました。
それは隣人。

上京して学生生活も終わり、就職するに当たって会社にほど近い場所に部屋を借りました。
そこが「外国の方おk」という触れ込みだったので、半分ぐらいは外国の人だったかな。

引っ越し屋が来て新居に荷物を入れてると、「引ッ越シデスカ?」と振り向く前から外国の方だと認識できるカタコトな言葉で話しかけられます。

年の頃なら30代後半、褐色のアジア人。男性で口ヒゲが中々に逞しい印象。
この人がね、ちょうど僕と生活パターンが一緒ですれ違う事が多かったり、エレベータの中で一緒になる事が多くて親交を深めて、更にその人はお店をやっていたので、客として頻繁に通うことでかなり仲良くなりました。

隣人としては後にも先にもこの人が一番仲良かったんじゃないかな。

お店というのはインドカレー屋さん。そこの店長なんですが、お前バングラディッシュ人だろ。

http://www.xvideoes.com/video1511944/

再生画像1 再生画像2

Comments are closed.

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング