天使と形容されるのも納得!洋ロリが余りにもヤバすぎる事を証明してくれる画像集

movie01 movie02 movie03

[001] [002] [003] [004] [005]



LC男爵の晩餐さんから、海外から衝撃ファイルです。

平均的なサラリーマン家庭だったウチに、外人さん一家が一週間ほど泊まりに来た事があります。
平均的ではあったけど、父親が英語を喋れた事と、アメリカで生活してた時期があったご縁で。

向こうは完全に旅行で、日本語を喋られる人はおらず、全員が父親の通訳を介してのコミュニケーションで大変でした。
僕がまだ小学2年生ぐらいの頃の話。

英語という概念自体よくわかっておらず、なんで日本語で話さないんだろ?とか素っ頓狂な疑問で一杯でした。
当時ね、僕はローマ字を英語だと思ってたんです。
小2でローマ字は習わないけど、父親に教わってたんで。

だから、喋れなくても筆談は出来ると大真面目に思ってました。「Ossu,ora Goku」が英語だと思ってたわけです。
そんな中、外人さん一家と自己紹介。
向こうはカタコトの日本語を勉強してたらしく、「コニチハー」とか言ってます。これがまた悲劇を呼ぶのよね。英語の概念崩れるのよ。

で、僕はどう挨拶したかと言うと。
例えば僕の名前が「けんじ」だとしたら、「Kenji」が英語だと思ってるわけじゃないですか。まぁ間違いじゃないけど。

だから「マイネーム・イズ・ケンジ」って挨拶言葉も知らなかった僕は、せめて「ケンジ」って名乗れば良いじゃないですか。
違うのね。少年の頃の僕は変態だけじゃなく類まれなるアホ頭脳の持ち主だったのね。

母親とかが「アイアム~」って言ってたのを聴いて、なるほど名前の前に「アイアム」を付ければ良いのかと、そこだけは把握。
そんな僕が導き出したご挨拶がこちら。

「アイアム、ケーイーエヌジェーアイ」

バラバラにアルファベットを言うのが英語だと思ってた。


http://oppaibook.com/xxx/%e6%b4%8b%e3%83%ad%e3%83%aaprincess%e7%84%a1%e6%96%99%e7%94%bb%e5%83%8f/

http://www.xvideoes.com/video542155/

http://www.xvideoes.com/video542158/

再生画像1 再生画像2

Comments are closed.

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング