個人撮影。あの恐ろしい近畿圏のアレです。少女の援●ハメ撮り。相変わらずエグい・・・

movie01 movie02 movie03

[再生01] [再生02] [再生03] [再生04]



素人のハメ撮り動画さんから、やっぱり非道クオリティ映像です。

僕の父親は近畿圏出身。生まれは大阪ですが幼少の頃に隣接県に引っ越してそのまま育った、生粋の関西っ子。
その後結婚して転勤は多かったものの半分以上は東日本という環境下において、僕らは標準語で育ちました。

関西出身の人って関西弁の認知度が全国的に高いから、それ以外の地域に移住してもあまり言葉を変えないじゃないですか。
でも子供が生まれると、その土地に慣れさせるために親が見本となって関西弁以外を話さなきゃいけない事もあるもんで、僕の父も標準語で喋ってましたね、僕らの前では。

まぁ父親が東京に出てきた頃は「関西人・関西弁差別」みたいなものがあって、子供云々は関係なしに関西弁を封印したらしいですけどね。
当時はまだ関西(大阪)が田舎ってイメージがあったんでしょうね。少なくともビジネスの場では使っちゃいけなかったとか。

ほら、ずーっと昔の漫画やアニメに出てくる関西人って、妙な偏見をもとに作られてたでしょ。
あれね、子供心に結構傷ついてた。

普段は標準語だと言っても、独特の訛りがあったり怒ったら関西弁が出るし、第一帰省した時は関西弁フル稼働で喋ってるわけだから「僕の父ちゃん関西人」ってのが頭にあるんですよ。

それなのに関西人はセコいだとかね、言葉が漫才師だとかね、いい加減にしろと。

僕は地元を持たず引っ越ししまくる人生だったので、あまり土地びいきって無いんです。
親元離れて上京してるけど、偏見に満ちた言葉を例えば関西の人に浴びせられても別に何とも思わない。別に訂正したりしない。そう見えるんなら仕方ないよねって感じ。

どこをバカにされても腹立たないし、どこを褒められても嬉しく思えない。僕の兄弟は共通してそんな心境なのです。

でもどこか関西にシンパシーを感じると言うか、別に関西をバカにされても怒らないけど、関東と関西がケンカしたらどっちの肩を持つかと言われたら、やっぱ関西かなー。
子供の頃に父の故郷をバカにされた恨みが奥底にあるんだろうね。

それは高校生ぐらいの頃になって、あぁ父は狂人だったんだと気付いても変わらなかった。


http://hameshirouto.com/2013/09/b0930-01.html

再生画像1 再生画像2

Comments are closed.

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング