緊張した面持ちの女子校生を制服着たままハメる!ホテルでたどたどしく・・・

movie01 movie02 movie03

[再生01] [再生02] [再生03] [再生04]



エゴイストエログさんから、女子校生のガチガチ映像です。

上がり症というのは誰にでもあることで、普段のんべんだらりとしてる僕も緊張する事ぐらいはあります。

これは我が一族では既に伝説になってる事件なんですが、父親が死んだ時の葬儀のこと。
本来喪主は母親なんですが、まぁ参列者への挨拶は僕がした方が良いだろうと家族で決まり、うへぇ人前で話すのかーとゲンナリ。

代表の挨拶は告別式の最後にやるもんで、式の間中ずーっと緊張。申し訳ないけど父を失った悲しみとかすっかり忘れてた。母も姉も、既に成人していた弟でさえも泣いてるのに、僕はガチガチ震えてました。

僕は定収入でその日暮らしの生活ですが、父親はそれなりに社会的立場のあった人だから参列者も多くて「こんな大勢の前で喋るのか・・・」と緊張に拍車がかかる有様。

式場の人が「カンペを読みながらでも問題ないですよ」と言ってくれてたので、それがギリギリの救いでした。カンペをガン見してマイクで話せば良いんだから、参列者を見なくて済む。

父の名前、間違っちゃったテヘペロ!

自分でカンペを用意したんですけど、父の名前ってちょっと難しいんですよ。難しいって言うのかな、読みが二通り・三通りあるような名前。
例で挙げれば「亮」と書いて「たすく」と読むのが本来の名前だとして、僕は間違って「りょう」って読んじゃった感じ。

しかも最悪なのが、それまで緊張して悲しくも何とも無かったのに、名前間違って会場から笑いが漏れて緊張が一気に解けて、今度は感情の波が押し寄せる。

ギャン泣きによる嗚咽を交えながら、結局何が言いたいのかわからないほど詰まりつつ最後まで読みました。って言うか、中間少し飛ばしました。

これが一族でも有名に伝説になってる事件。
未だに親族が法事なんかで集まると言われます。前代未聞だったと。

過度に緊張する性質の人は治した方が良いですよ、僕のような失敗をしますぞ。

「葬式でボケるか普通?」って従兄にめっちゃ怒られたまま、10年近くたった今でも許してもらえない事態に陥りますぞ。

ボケじゃない、素で間違えたんだって言っても全然信用してもらえない。


http://egoisterog.com/archives/12943

http://video.fc2.com/a/content/20131129dhzQmDpS/

http://video.fc2.com/a/content/20131129okaEdThW/

http://video.fc2.com/a/content/20131129lliEcVdR/

再生画像1 再生画像2

Comments are closed.

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング