肝っ玉女子大生の記録。口内射精・ぶっかけはおろか、中出しまでおkという肝も乳もデカい美少女

movie01 movie02 movie03

[再生01] [再生02] [再生03] [再生04]



薔薇エロマニアクスさんから、素人実録映像です。

よく父親に「お前は肝っ玉が小さい」と言われ育ってきました。

僕は子供の頃からホラー映画や怖い話、心霊写真なんかが大好きで、そっち系の番組があれば録画し、ホラー映画をレンタルし、心霊写真の本なんかを買い漁るような子供。
でも超絶怖がり。4歳下の弟よりも怖がりで、小学4年生の僕が、幼稚園児の弟にトイレへの付き添いをお願いしたほどに怖がり。逆に何かあったら幼稚園児が対処できるのかが甚だ疑問。

物音ひとつでビクッとなってたし、元々の甘え気質も手伝って、小学生の頃は怖い夢を見たら父親か母親の寝床に潜り込んで朝までやり過ごすという甘ちゃんでした。

好き好んで怖いのを見て、自分が怖がってたら世話ねーわと父は僕を虫でも見るかのように嘲笑しましたが、僕からするとそこは逆。

怖いものが好きで古今東西の怖い作品・体験を見聞きしてるからこそ、怖い事に対する想像力がハンパないのです。
僕からすれば、よく怖い話をしようとしただけで怯える女子のような存在が一番理解できない。実際に幽霊を見た事も無ければホラーや心霊に目を向けようともしないだけに、どんなシチュエーションで何が出てくれば怖いのかを知らない癖に何故怖がる?と。

確かに父親は心霊現象・超常現象・宇宙人の類は全く信じてなかったし、893(っぽい)人に絡まれた時も「あ?アホか?消えろカスが」みたいな対応だったし、ジェットコースターは諸手を挙げて乗ってたり、とにかくこの人は怖いものが存在しないんじゃないかってぐらいに強い人でした。

そんな父も亡くなり、僕は未だに怖がり。怖がりなおっさん。DVDプレイヤーの中には常時お笑いのDVDが入ってて、怖くなったらすぐに再生できる準備が出来ていて、1ヶ月に1回は電気を消さずに眠る日もあるぐらい怖がり。
あの「幽霊なんか信じない。仮に存在してても、そんなもん知ったこっちゃない。勝手に死んでろカスが」と意にも介さなかった父とは大違い。

そんな父が霊となって現れないか、怖がりながらも少し楽しみにしています。

「信じてない幽霊になったねーwwwアホですかーwww大人しく死んでろカスがwwwwww」


http://xvideos-collector.com/2014/07/post-5483.html

http://video.fc2.com/a/content/20140628cEURrSRS/

http://video.fc2.com/a/content/20140628W9XGSnP/

http://video.fc2.com/a/content/20140628tv1XTNAT/

再生画像1 再生画像2

Comments are closed.

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング