ビーチに転がってる、アレな少女の写真集。海行こう、海。そういうアレじゃなくて。

movie01 movie02 movie03

[001] [002] [003] [004] [005]



エロ画像無料yaさんから、衝撃画像集です。

いつの間にか、こういった画像だけじゃなく実際の風景をポケーっと眺めるだけでも罪悪感を伴うようになってきました。
僕が年をとったという事じゃなく、世間が厳しくなり過ぎた。

例えば僕が子供の頃、漫画には同世代ぐらいの少女たちのエッチなシーンがゴロゴロありましたよね。コロコロあたりにゴロゴロありましたよね。本当はボンボンって言いたいんだけど、コロコロあたりにゴロゴロありましたよね。

一番それが顕著なのは、僕の中であだち充が最右翼。

全部同じ画風、ワンパターンなストーリーと揶揄されながらも、日本の漫画界を牽引し続けてる大巨匠です。
なんだかんだで読んでしまうのは、安定した面白さと主人公が好漢である点。
漫画にしろ小説にしろ映画にしろ、主人公に感情移入するのが物語に触れる上での醍醐味であり、好漢な主人公に感情移入しやすい。

確かにストーリーのマクロの部分は似たようなものだけど、ファンはミクロを楽しんでるし、そのミクロは飽きさせないパワーがあるわけです。

それは良いとして、あだち充大先生は長年漫画界の王者に君臨し続けてるだけあって、時代の流れに沿って表現が変わって来ています。
僕があだち作品を読むようになったのは「H2」ぐらいからで、それ以前のは単行本で集めたり漫画喫茶でまとめ読みしたりで、リアルタイムには触れてこなかった作品も結構読んでます。

そのなかで「みゆき」が凄い。
細かいストーリーは省きますが、ヒロインは可愛い女の子。作品の中で中学生から高校生、大学生へと成長していくわけですが、とりまく環境が変態ばっかり。

まだ中学生・高校生のヒロインに本気で言い寄る連中が、主人公の同級生ぐらいまでは良いとして、ヒロインが通う学校の体育教師とか、現役の刑事とか。
ヒロインのエッチなシーンを眺めては「ムフフ♪」と喜ぶ姿は、現在の価値観で言えばストーカーに近い。
でも当時はそれが許されてたわけです。

現在の作風でも似たような描写はあるけど、だいぶやわらかいものになってるし、現段階ではちょっとイタタなキャラクターって程度。
でも今後、更に厳しくなっていくとそれもダメになっていくのかも知れませんぞ。

中学生~高校生のヒロインに熱を上げてる体育教師が、近所に住む幼稚園児の女の子に子供ならではの可愛い告白をされていい気分になってるのを見たとき、時代を越えてダメだこいつって思った。たぶん当時でも思った。


http://erogazomandokoro.com/jc/jc-6/

http://www.xvideoes.com/video1120495/

http://www.xvideoes.com/video5943043/

再生画像1 再生画像2

Comments are closed.

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング