家出少女はどのようにして生計を立てているか。まぁ援●しか無いです。

movie01 movie02 movie03

[001] [002] [003] [004] [005]



アダルト動画画像の壺さんから、何とも悲しくも危ない個人撮影です。

最近じゃ「プチ家出」なんて言葉が主流になってきて、お泊り感覚で家出しちゃう子供達も多いとか。
それをやれやれ今の子供の気楽さよ、と嘆いたところで、案外昔の子供も似たようなものだったりします。

寅さんみたいに14歳で家出して何十年も帰らない、なんてのはそうそう聞きません。

そんな僕も家出した事あります。子供の頃に。帰宅したのは19時頃なので、家出でも何でもない。

キッカケは忘れました。とにかく母親に怒られてて、出て行きなさい・二度と帰らなくて良し的な事を言われたところだけは憶えてます。
多分ヨソの家はこうだったとか、そういう比較をしたんでしょうね。

この家出したエピソードは以前も書いた事がありますので割愛しますが、実は家出するには布石があったんです。

元々、家を出たのは親に出ていけと言われたから。
その場で泣いて謝るなり、出て行くもんかと拗ねたり、二度と帰らないんだからねっ!とツンデレしてみたり、とにかく親に色んな形で取り成せば良いものを、はい~と簡単に出て行った僕。

この家出事件より少し前、晩御飯時の話。
今でこそ全ての好き嫌いを克服して何でも食べられるようになった僕ですが、8歳ぐらいまでは酷い偏食家で、大雑把に言えば食事そのものが嫌いでした。

子供の大好物として挙げられるカレーライスなんかも嫌いだったし、ラーメンやハンバーグも嫌いって程じゃないけど少し苦手でした。
ある日の夕飯が、それはもう見事なまでに僕の嫌いなものばかり。
小鉢に乗せてるちょっとした惣菜まで嫌いなもの。ここまでくると母の悪意を感じるわよね。

ほいで、ボソッと「今日は嫌いなものばっかりだ・・・」みたいな事を呟いたわけですよ。
それを聞いた母親が大激怒。
「嫌いなら食べなきゃ良い!一生懸命つくったお母さんに失礼だ!」と、至極当然の事を言われました。

そこでごめんなさいと素直に謝れば良いのに、僕ときたら。
「懸命に作った母さんに失礼な事を言ったんじゃなくて、ただ嫌いなものばかりが並んである事実を言っただけ」とか。アホか。火にニトログリセリンを注ぐな。

それで泣くまで怒られて、結局その日は本当にご飯を貰えなかったという今だったら虐待の域に入るんじゃないかって教育方針だったわけです。

これで「失礼な事を言っちゃいけない」って学ぶんじゃなく、「親はこうと言ったら覆らない」って方を学んじゃったから、後の事件の時も素直に謝らず、素直に家を出て行ったのでした。

母さん、あなたが「親の言う事を曲解するからお前は育てにくかった」と言う息子は、確かに歪んで倒錯したエロスを今も追い求める大人に成長しました。

http://www.xvideoes.com/video2901428

再生画像1 再生画像2

Comments are closed.

再生画像

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング