我が家に遊びに来た少女のおっぱいが余りにも発達しておりました。

movie01 movie02 movie03

[再生01] [再生02] [再生03] [再生04]



おっぱいbookさんから、美味しく頂く映像です。

子供の頃、誰かが泊まりに来るのが楽しかったですよね。
親戚や友達、僕と直接関係してない親や姉弟の友達に至るまで、とにかく来客が楽しくて仕方が無かった。

そして我が家に大激震。なんと、外人さんが泊まりに来るという大事件が勃発。
大人になってから後で聞いてみたところ、父親の友達で日本観光のついでに寄ってたんだとか。

外人さんを見かける事が少なかった田舎で育った上に、喋った事となると皆無。それがいきなり泊まりに来るんだから我が家は色めき立つわけですよ。
僕がまだ小学1年生ぐらいの頃だったかな。

やってきたのは白人のおっさんとおばさん、そして多分17歳ぐらいだろうと推察される女の人。
色々日本食を楽しんだり、日本庭園のある景勝地に連れて行ったりと、アメージングでワンダフルなジパングを堪能してもらいました。

さて、当時僕は英語の概念が全く無い少年です。
何をもって英語としてるのかが、今一つよくわかってない。

ただ、僕は父親からローマ字の存在だけは以前から教えられてたんです。
例えば僕の名前が太郎だとして、「TAROU」と書かれてあるのが自分の名前だという認識ぐらいはありました。

だからこの外人一家との初対面時、僕は「ティーエーアールオーユー!!!」と自己紹介をするという暴挙に出てしまいました。
初めて見たよ、失笑で爆笑してるの。それも実の親が。

外人さん一家は頭に「???」が浮かんでる顔をしてて握手したまま固まってたのを憶えてます。
このことは未だに母親に言われていて、「あの時のお前は世界でもトップレベルのマヌケだった」と親の言葉とは思えない発言を繰り返してます。

ローマ字が英語どころか外国語ですら無いという事を知った10歳ぐらいの頃になって、ようやく自分の過ちに気付いて赤面した、というお話でした。

これだけの記憶があるのに、この外人さん一家の娘であるお姉さんにお風呂に入れてもらったらしいけど全然その記憶が無いのが死にたくなるほど悔しい。僕が洋物ポルノが好きな理由。


http://oppaibook.com/2013/04/b0422-02.html

http://video.fc2.com/a/content/20130420gtzxxLkF/

http://video.fc2.com/a/content/20130420jdLbVC6W/

http://video.fc2.com/a/content/20130420qpAxbDEZ/

再生画像1 再生画像2

Comments are closed.

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング