未分類

洋物、遊び。

Misty Childrenさんから、天使が小悪魔に見えるアレです。

凄いの一言。

年々、規制が厳しくなっていってます。
確かに昭和の頃には、今では信じられないようなヌード写真集が存在してました。

じゃあその頃、海外ってどうだったんだろ。
昭和は西暦で言うと1989年まで。それまでの海外の映画を見ても、確かにオヤオヤ?って思う事が多い。

僕が割と気に入って、ビデオも買った映画があります。ちなみに、マイナーなベルギー映画でDVD化されてません。

ストーリー的には、一人の少年を主人公として、少し生意気な女との恋愛とも友情とも言い切れない交流を、ベルギーの原風景をバックに大人たちとの優しい触れ合いを絡めた話。

ここにちょいちょい女の裸が出てくるんですよね。
ほっとんど胸が出てないんですけど、「ほとんど」なだけで、ちょっとだけ出てるんです。

どれぐらいだろ、日本で言えば小学生高学年ぐらいかな。

露骨な性の話をしてるわけじゃないんですけど、女が「私のおっぱい触ってみなよ、大人はみんなしてるんだよ」的な軽い性描写もあったりするんですよ。
うわー、これ今放映できるのかしらと思うんですよね。

まぁ少なくともメジャー配給じゃムリですよね。
単館上映ならあり得るけど、「芸術」と「常識」では後者が優位とされる現在、やっぱりムリでしょう。

で、これを書きながら久しぶりにこの映画を思い出して、所有のビデオを探し出してパッケージに記載されてる制作年を見てみたら、1990年だった。

平成2年だった。ごめーん。

「日本で言えば小学生高学年ぐらいかな」ってくだりを書いてる時に気づいたんですけど、そのまま突っ走ってみました。ごめーん。

記事の続きを見る

クスリで眠らせた女子を輪姦。

アダルト動画dotbizさんから、衝撃の非道映像です。

クスリは一般人にはなかなか簡単に手に入らないので、酒をしこたま飲ませて泥酔させるのが関の山。
僕はビール一杯で死んだじいちゃんと三途の川で対岸の再会を果たしてしまうほど弱いので、昏睡レイプは夢のまた夢。いや、そんな事しませんけど。

僕が子供の頃、火サスだか土サスだかで昏睡レイプを取り扱った単発モノのサスペンスドラマがありました。

設定はこうです。

登場するのは盲目のお嬢様。
専属の運転手もいる大金持ちの家に育ったお嬢様は、盲目というハンデを抱えてたものの、人あたりも良く心の優しい娘に育っていた。

ある日、運転手に促されとある場所に連れてこられたお嬢様。
そこでクスリを嗅がされ眠らされ、レイプされてしまう。

服を脱がされていく様子を写真に収められ、それがお嬢様の家に送られてきた。
眠らされたお嬢様の霰もない姿と共に写真に映されていたのは犯人の手。

その手には専属運転手が使っているドライバーズ・グローブが。
警察はこの運転手を指名手配し、その行方を追っていた。

ところが数日後、運転手が遺体で発見され・・・。

というお話。

これがね、僕にとっては一つのトラウマなんです。
言ってもドラマでお茶の間に流れるわけで、「昏睡レイプうまー」って流れなワケが無い。

おどろおどろしい演出と、見たものに後味の悪さを残すストーリーで、ちょっと気持ち悪くなるんですよね。少なくとも子供にはキツい。

でもテレビの規制が緩かった僕の子供時代、おっぱいや下着がテレビに映され、背徳感も相まって、親と一緒にテレビを見てた罪悪感まで相まって、頗る興奮したのを憶えています。

頗る興奮しすぎて、「運転手が遺体で発見され・・・」の続きがどうしても思い出せない。誰が犯人だったっけ。

何が「後味の悪さを残すストーリー」だバカ。後味も何も憶えてないじゃねぇか。

しかも出演者を変えてリバイバルで僕が高校生ぐらいの頃に新たに作られたドラマを見たのに、「遺体で発見され・・・」までしか憶えてない。

記事の続きを見る

目が離せない。

お宝エログ幕府さんから画像集。

昨年は海に行けたけど、今年はどうかなー。
で、その海に行った時、やっぱりこういう子も多い。

子供でも楽しめる行楽だから多いのは当たり前なんですが、毎年行ってたわけじゃない海だと「あ、こんなにたくさんいるものなのか・・・」とビックリしてしまうわけです。

それにしても意外なのは、親の無頓着さなんですよね。
子供が大きさの合わない水着を着てても、何とも思わず大人同士でビール飲んでケタケタ笑ってる。

水着は小さくても大きくても露出が激しくなってしまうものです。
小さいとピチピチになって、ヘタしたらサポーターを飛び越えて乳首が浮かびあがったり。
大きいと何かの拍子に水着がズレて、波の激しい場所に行くと半裸状態になったり。

まぁ小さな体なら前者の心配は色んな意味でいらないだろうけど、もう少し親御さんが神経質になっても良いんじゃないかしらと思ったものです。

これだけ観察してる大人がいるんだから。

記事の続きを見る

本物。関西、

エロゲバさんからです。

関西と言うと、僕は全く住んだ事は無いんですが、我が家自慢の狂人・父親が関西出身。
その父親から昔、面白い話を聞いた事があります。

父親は家庭の中では標準語圏に住んでた事もあって、標準語を喋ってました。
ところが実家に帰省すると関西弁丸出しになるわけです。

なんで家では標準語なのかい?と聞いてみると、父親は上京する際、関西弁を必死に直したんだとか。

関西で生まれ関西で育ち、関西系の某企業(今は東京に本社)に就職するまでは完全に関西弁だったんですって。
ところが転勤で東京に行った当時、まだまだ「方言差別」みたいなものが根強く、標準語で喋らないと=仕事が出来ないと思われてた時代。

今じゃ関西弁と言えば東京でも簡単に聞く事が出来るんですが、市民権を得たのはダウンタウンが有名になってきた辺りの80年代後半。
70年代初頭に東京にやってきた父親にとって、まさに東京は異国。っていうか東京から見たら父親が異邦人。

それで必死に直して標準語にしてたとか。
関西出身の若者って「関西弁を直さないのはポリシー」みたいな事を公言したり、実際に東京に何年住んでても関西弁のままだったりするじゃないですか。

僕らはそれを見ても聞いても「ふむふむ、なるほど」としか思えないけど、関西弁が浸透する前に上京した関西の人って複雑らしいですね。
羨ましいってのもあるだろうし、お前ら昔でも同じような事言えたんかいってのもあるだろうし。

今や方言は当たり前で、僕なんかは四国の言葉が好きだし、最近じゃ東北弁萌えってジャンルまであります。

方言はその土地で育った、その人それぞれのアイデンティティ。
それが認められる時代になったんだから、胸を張っていきましょうぜ。

ちなみに、「標準語を覚えた」と豪語する父親でしたが、ところどころ変に関西弁が残ってました。
「いちびってじゃダメじゃん」とか言われて育ちました。

「いちびる」「(『しまう』を)なおす」「ほかす」

これらを全て標準語だと思ってた少年時代の僕。えらい恥かいたわ。

記事の続きを見る

街を撮影してたら映っちゃいました。

ぬけるエロ画像速報さんから、絶対にそういうことです。

以前にも紹介した「街撮りしてたらたまたま、超たまたま映ってた画像集」の別バージョンです。

これぐらいの女は露出的な警戒心が薄いものですが、それは少年も同じこと。
僕なんかは、夏休みにプールに行くでも無く海に行くでもないのに、暑くて海パンで町に出歩いてました。

浦鉄みたいだけど、あれ見た時に「あ、昔の僕だ」と普通に受け入れる事が出来ましたもの。

とにかく羞恥心というものが欠落してて、小学6年でも平気で女子の前でチンコぶらさげて着替えてたのを思い出します。

「ちょっとー!こんなとこで脱がないで!」とか言われるのを喜んでたので、羞恥心が無いわけじゃないんですよね。
羞恥心をしっかり理解していて、女子の羞恥心をくすぐる事で快感を覚え、自分の羞恥心を昇華させてたわけです変態です。

本物です。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング