未分類

本物。関西、

エロゲバさんからです。

関西と言うと、僕は全く住んだ事は無いんですが、我が家自慢の狂人・父親が関西出身。
その父親から昔、面白い話を聞いた事があります。

父親は家庭の中では標準語圏に住んでた事もあって、標準語を喋ってました。
ところが実家に帰省すると関西弁丸出しになるわけです。

なんで家では標準語なのかい?と聞いてみると、父親は上京する際、関西弁を必死に直したんだとか。

関西で生まれ関西で育ち、関西系の某企業(今は東京に本社)に就職するまでは完全に関西弁だったんですって。
ところが転勤で東京に行った当時、まだまだ「方言差別」みたいなものが根強く、標準語で喋らないと=仕事が出来ないと思われてた時代。

今じゃ関西弁と言えば東京でも簡単に聞く事が出来るんですが、市民権を得たのはダウンタウンが有名になってきた辺りの80年代後半。
70年代初頭に東京にやってきた父親にとって、まさに東京は異国。っていうか東京から見たら父親が異邦人。

それで必死に直して標準語にしてたとか。
関西出身の若者って「関西弁を直さないのはポリシー」みたいな事を公言したり、実際に東京に何年住んでても関西弁のままだったりするじゃないですか。

僕らはそれを見ても聞いても「ふむふむ、なるほど」としか思えないけど、関西弁が浸透する前に上京した関西の人って複雑らしいですね。
羨ましいってのもあるだろうし、お前ら昔でも同じような事言えたんかいってのもあるだろうし。

今や方言は当たり前で、僕なんかは四国の言葉が好きだし、最近じゃ東北弁萌えってジャンルまであります。

方言はその土地で育った、その人それぞれのアイデンティティ。
それが認められる時代になったんだから、胸を張っていきましょうぜ。

ちなみに、「標準語を覚えた」と豪語する父親でしたが、ところどころ変に関西弁が残ってました。
「いちびってじゃダメじゃん」とか言われて育ちました。

「いちびる」「(『しまう』を)なおす」「ほかす」

これらを全て標準語だと思ってた少年時代の僕。えらい恥かいたわ。

記事の続きを見る

街を撮影してたら映っちゃいました。

ぬけるエロ画像速報さんから、絶対にそういうことです。

以前にも紹介した「街撮りしてたらたまたま、超たまたま映ってた画像集」の別バージョンです。

これぐらいの女は露出的な警戒心が薄いものですが、それは少年も同じこと。
僕なんかは、夏休みにプールに行くでも無く海に行くでもないのに、暑くて海パンで町に出歩いてました。

浦鉄みたいだけど、あれ見た時に「あ、昔の僕だ」と普通に受け入れる事が出来ましたもの。

とにかく羞恥心というものが欠落してて、小学6年でも平気で女子の前でチンコぶらさげて着替えてたのを思い出します。

「ちょっとー!こんなとこで脱がないで!」とか言われるのを喜んでたので、羞恥心が無いわけじゃないんですよね。
羞恥心をしっかり理解していて、女子の羞恥心をくすぐる事で快感を覚え、自分の羞恥心を昇華させてたわけです変態です。

本物です。

記事の続きを見る

女子2人を部屋に連れ込み性的命令を繰り返す。

アダルト動画画像の壺さんから、ドSなおっさんの映像です。

レイプや凌辱とまではいきませんが、女子たちが完全にドン引きしてる所を見ると、無理やり感は否めません。
ドMなジェントルマンは余りお楽しみ頂けないかも知れませんが、そこそこMの僕でも充分オナニーできたので問題はありますまい。

そう言えば、僕は余り家に誰かを連れ込むという事をしたことがない。
そりゃ友達やら何やらを家に招き入れた事ぐらいはありますが、付き合いが浅かったり、ぶっちゃけ出会い系なんかの割り切り関係だった時は、ホテルに行きます。

僕はちょっと神経質なところがあって、部屋を汚されるのが堪らなく嫌なんです。

例えば風呂を貸しますよね。
その時に脱衣所がビチョビチョになってるのが嫌。

僕は一人でいる時でさえ、脱衣所を汚さないように風呂場である程度体を拭いてから出ます。

これは代表例なだけで、こんな事が山ほどあるんです。
で、そんな事でイライラしたり、注意してシラけるぐらいなら、最初っから家には呼ばないよって話です。

上京直後、出会い系で知り合った女の子を家に泊めた時、トイレの便器にウンコのカスがこびり付いてたのが未だにトラウマ。

記事の続きを見る

行き先は、魑魅魍魎が跋扈する東京でした。

ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、純なオボコが汚される映像です。

実は僕も修学旅行が東京。

高校生の頃、地方に住んでた僕は東京への修学旅行を経験しました。
行き先は学校の行事らしく、完全にベッタベタ。

東京タワーだの国会議事堂だのネズミーだの。
自由行動の時は僕の案内で新宿をブラブラしてました。

僕の案内で。

なぜ僕が案内できるか。

僕は中学まで、新宿まで電車で数十分の場所に住んでたんです。親の都合で。
高校進学と同時に親の転勤がまた決まったので、じゃあその赴任先で受験すっかと、東京から離れましたが、それまでは東京・神奈川を転々としてたので、今でも何となく「地元は関東」って事にしてます。説明するのがめんどいので。

つまりですね、修学旅行で東京に来たんですけど、言ってみれば地元に帰ってきたみたいなものだし、何の有難味もない。

しかもこの修学旅行の目玉企画だったネズミーも、中学の時の遠足で来たよ、数年前。
高校生って一番粋がりたい年頃で、余り男子向きじゃないネズミーで、更に集団行動も経験済み。

だから僕は北海道が良いって言ったんだ。
僕は(未だに)北海道に行った事が無くて、五稜郭とか函館山とか行きたいところがたくさんあるのに。

先生に直談判したものです。

「お前らが入学する前から、東京行きは決まってたよ?」

あ・・・そう・・・。

東京よりウチの学校が魑魅魍魎でした。

記事の続きを見る

和物。日本なめんな。

ぷるるんお宝画像庫さんから、天然画像集です。

最近、ネットでは洋物の女が持て囃されてるように思うんです。
画像にしろ動画にしろ、白人の女を天使だ妖精だと大騒ぎして、我が国の女たちを蔑ろにしてはいませんかと問いたいのです。

はいこんにちは、蔑ろにしてた極東えろぐでーす^^

なんとなく洋物を見まくってると、面白いもんで自然に洋物びいきになるんですよね。
和物を見ると、なんとなく野暮ったいというか、見慣れた顔が並んでるから有難味が全くわからないような。

そんな僕を叱咤してくれました。
そんな僕の目を覚まさせてくれました。

それがこの画像集です。

街中での質の高さ、そして白人女の天使・妖精に勝るとも劣らない和女の微笑み。

わしゃあ…わしゃあ何を見とったんじゃ…
灯台下暗しとはよく言ったもので、身近にありすぎて気付けず、つい身近には感じる事が出来ない洋に走っていました。

こんなに美しかったのか。
こんなに尊いものだったのか。

大丈夫、僕はこの画像集で満足できる強さを持ってます。
絶対にオデコが見事な紋章で飾られた人たちが我が家に押し寄せるような事にはなりません。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング