未分類

過去のテレビ番組より、入浴風景

アダルト動画dotbizさんから、ぶっとんだ映像です。

よく「今じゃ考えられない」的なお宝が最近発掘されてますが、これはそこすら微妙。
やっぱり現在放映できない映像って言うのは、大人の皆さんが「ヤバいんじゃね?」って判断したからですよね。

僕は筋金入りの風呂嫌いで、一人で入るようになった6歳ぐらいの頃なんかは、頭を濡らして「髪なら洗いましたけど?」って顔でいけしゃーしゃーと過ごしてました。普通にバレてました。

風呂嫌いを治すもクソも、ちょっと渋ったら「いいから入れカス」って言われたら、子供は嫌でも入りますよ。
僕だって今でも風呂は好きじゃないけど、義務感で毎日入ってます。

それもこれも、子供の頃から「いいから入れクズ」と言ってくれたご両親に感謝ですファッキン

記事の続きを見る

菜々。

関西には魔物がいますね。この映像がそれを証明しております。
まぁ魔物は「被写体」じゃなくて「撮影者」なのだけれども。

こういった動画を見るにつけ、少し気になるのが言葉だったりします。
正確には「会話」なんですけど、どうしたって実録モノは企画モノに比べると、淡々と進んでいきます。

淡々とした雰囲気がAVには無いリアリティを感じて、露出した下半身の発奮材料になるんですけど、やっぱり続けて見てると飽きてくるのも人情です。

そんな中で、会話を気にしてみると飽きがこないんですよね。
AV女優のような、一種のタレントとしてチヤホヤされてる感が全くなく、そこらへんの女が普通のプレイをしてますっていう、異常性。そこが感じられるわけです。

何が言いたいかっていうと、淡々としたAVには何の価値も無いってことです。
レンタル代返せバカ。

記事の続きを見る

洋物。無毛女のアソコに異物を挿入して拡張させてみた

エロ☆ダスさんから、すっごい動画です。

すっごいのは女。
未完成と言っても差し支えない女なのに、マ○コにオモチャやら日用品をがすがす挿入させる鬼畜っぷり。

もうね、マ○コどころか、骨格すら無視してるんじゃないかってぐらいデカいんです、異物が。
わー、アソコがすっごい広がってるよー♪とか、そんなノンキに構えてられるレベルじゃない。

女性どころか人間の限界に挑戦していなさる。

最初こそ洋女の可愛さとか、パイパン丸見えマ○コとかに興奮しながら見てるんですけど、めりめり食いこんでいく映像をずっと見てると応援したくなるから不思議。

この動画を見て興奮した方は、是非とも個人でお楽しみください。人に試しちゃダメ。

こんな事されたら、絶対的信頼関係で結ばれてる奥さんにさえ裸足で逃げられます。

記事の続きを見る

とも。

「とも」というのは、名前です。つまり「ともちゃん」です。

撮影時期は2002年。既に8年が経過してる事になりますね。
このように撮影時期が若干昔にさかのぼる事が多く、「若気の至り」としても楽しむ事が出来ます。楽しむのは想像内だけですけど。

そして「若気の至り」は、こちらの映像のように元気でケラケラ笑うシーンが多ければ多いほど、逆に痛々しく感じます。

ただ、映像が残ってしまえば、後悔は重圧となり、ただの「若気の至り」が将来をブチ壊すほどの爆弾であることを、この時の「ともちゃん」は知らない。

なので、立派に後悔、となるわけです。

記事の続きを見る

フィリピンより、饗宴

アジア人の一員として、触角が反応せざるを得ませんね。

個人撮影モノの流出が止まりません。
世界中どこからでも、しとどに流れっぱなしです。

特にアジアからの流出は映像にしても画像にしても、えげつないのが多い。

なんとなく「生活」を感じさせるんですよね。
安定した生活を送れておらず、仕方なしに自身を売るしかないのか。

ネットの知識も薄く、ハメ撮りのリスクがわからず、倍額払いを条件に出されたら受け入れてしまう。

そんな感じ?勝手な想像力です。

だって、言葉わかんないんだもん。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング