写メ。(顔出し)

ぬけるエロ画像速報さんから、画像まとめモノです。

僕がこれぐらいのお年頃の時、携帯電話なんてこれっぱかしも無かったです。
まぁあるにはあったけど、学生が持てるようなものでも無かったし、写メ機能なんて必要だとも思ってなかった。

デジカメなんて、どこぞの猫型ロボット所有のしまりが無いポケットから出てきたと言われても不思議に思えないような時代。

あの頃はエロ写メ(自画撮りエロ写真)なんて考えられませんでしたね。

自分のチンコを撮影したところで現像できる場所なんて無かったし、あるとしても第三者に見せなきゃいけなかったし。

性欲と理性のバランスが猿と同程度だった当時、こんなもの持ってたら何をしでかしてたか、自分でも想像できない。

少なくとも彼女なり同級生の女子なり、土下座の勢いで頼みこんで見返りも用意して、エロ写メを頂戴してたと思います。

「頼む!おっぱいが見たいんだ!」と。

そういや高校生の頃。
同級生の女子とダラダラ話してる時、ちょっとシモの話になっていって、下着の話になっていって、パンツ見せてくれって話になりました。

この段階では冗談まじりだったんですけど、話をするうちにエスカレートしていって、どんどん僕が必死になっていくんです。

当然ながら女子は拒否。
そりゃそうだ。何が悲しくて恋愛感情も無い、好いてくれてるわけでもない男子におパンツ見せなきゃならんのだ。

だけどエスカレートしてる内にエレクトしちゃった僕を止める事は出来ません。

「お前は確かにパンツを俺に見せたくないかも知れん。だがな、俺はその気持ちよりも大きな気持ちでパンツ見たいんじゃい!」と豪語した事があります。

最終的には「気持ちの大小の問題じゃねぇ」と至極ごもっともな意見により、僕の希望は却下されました。

おう、あの時の中村さん。見ろよ、この子たちを。
お前なんかよりずっと人間が出来てらぁ。(?)

記事の続きを見る

海外、近親相姦。兄が妹を殴打しながら強姦

アダルト動画画像の壺さんから、超衝撃映像です。

おおよそ家庭内レイプとくれば、拒否する妻に…と相場が決まってますが、兄の止められない劣情の犠牲になったのは妹さんでした。

僕はどんなに欲情しても姉は襲わんなーと思いつつ、その肝心の姉がゴリラなので、余り僕の考えは参考にはなりません。

高校生の頃、同級生に「姉ちゃん可愛い」と言って憚らない重度のシスコンボーイがいました。
彼の家に遊びに行った別の同級生によると、確かに可愛いらしいです。

「姉弟」というフィルターは、かなり残酷です。
容姿・性格の評価はかなり厳しいです。

確かに可愛いかも知れないけど、そのフィルターを突破するほど可愛いかは微妙だそうで。

ってことは、あのヤロウは完全に性の対象として姉を見てるという事になります。こわっ。卒業以来会ってないけど、どうしてんだろ。
この動画の兄も、自分の妹に対してそういう対象で見てたんでしょうね。

その点、うちの姉はゴリラで助かった。
道を間違えずに済んだ。

この前の地震で顔をケガしたらしく、ボスゴリラみたいな顔になったそうです。

記事の続きを見る

ずっと昔のテレビ番組、フィリピンの先住裸族映像。

Vid Goodiesさんから、昭和ウマーな映像です。

「昔はゴールデンでもおっぱいや性的表現があった」と言いますが、あれっていつまでだったんですかね。

確かに僕の子供の頃はありました。
見せパンツじゃなく、ガチでパンチラしてるCMを見た時は、子供心に『スタッフの目はFUJIYAMAか…?』と生唾を飲んだものです。

月一で放送してた「火曜ワイドスペシャル・ドリフ大爆笑」ではおっぱいが見れる事があったので、それを目的に見てました。

中でも僕が特に好きだったのは「世界ビックリ大賞」です。
キンキンが司会で、ビックリ人間大集合みたいな企画モノで、不定期放送だったけど、毎回必ずテレビの前にかじりついてました。

僕のお目当ては「世界一の巨乳美女」
キンキンが「さぁテレビの前のお父さん、お待たせしました!」と毎回お約束のように煽り、テレビの前のチビッコ(僕)が待ってました。

でもね、これには更に奥に目的があったのです。

実はバカでかいおっぱいに興味は無い。
それは今でも僕の心にあるんですけど、コントやエロマンガに出てくるようなバカ乳にはエロスを感じないんです。
しかも金髪ですからね、金髪の良さは子供にゃわからん。

じゃあ何故楽しみにしてたか。

それはね、街頭ドッキリなんです。
ドッキリって言うか、ただバカでかいおっぱい女が日本の街を練り歩いて、驚いて振り返る一般人の反応を見てゲラゲラ笑うVTRがあるんです。

で、そこで比較のために温泉・銭湯に行って、女湯で日本女性のおっぱいと比較させるんです。

当時は僕も純粋だから、日本人は一般人客だと思ってたけど、まぁ仕込みなんでしょうね。

「日本のお姉さんのおっぱいと比較すると…」みたいな感じで、お姉さんのおっぱいにズームが寄るんです。

これこれこれこれこれ!きたきたきたきたきたきた!!!

幼心を興奮させるに不足ない充実度が、昔のテレビにはあった。

これが終わったら心底どうでも良くなるので、必ずトリに持ってきてた「中国雑技団の華麗なる演舞」にはこれっぱかしも興味が無かった。寝てたか自分の部屋に行ってた。その露骨さに親がビックリ。

記事の続きを見る

スクール水着。

-youthful days-さんから、貴重な画像です。

スク水がこんなに貴重な存在と感じるなんて、当時は全然予想だにしなかった。

高校を卒業した時に、これで制服を着なくて済むようになったとせいせいしましたけど、言い換えれば「今後の人生において制服を着る事は二度とない」って事なんですよね。職業での制服はちょっと意味合いが違うし。

小学校の体育は男女混合でブルマや夏になればスク水とか日常茶飯事。
中学以降も体育は別になるものの、同じ時間にやるわけだから、スク水を見る機会はありました。

が。

当時は全然スルーしてた。
好きな女子をなんとなく見てたぐらいのもので、スク水自体にエロスは感じてませんでしたよ。

むしろスク水を見て、今までの人生を賭けた集中力でエロく感じるように努力すらしてました。
胸や尻、露になった足を見て、そこから全裸を想像して授業中なのに僕だけ違う勉強をしてました。

今じゃスク水そのものを見てしまうから不思議ですね。
当時はスク水を取っ払った姿を想像してただけあって、邪魔に思ってたのに。

だからスク水の画像や映像は、あの頃のMOTTAINAI精神を取り返してくれるのです。

僕が妄想に妄想を重ねて慕情で身を焦がしたスク水姿も可愛かった松岡さんは、その後進学した大学でミスになってました。

僕の選球眼、当時は腐ってませんでした。

記事の続きを見る

女子校生事情。

ロリ美少女 時々 エロアニメさんからです。

将来に対して「何とかなる」と希望というより楽観的な感情があり、それでもニュースやら親やら学校やらが不安を煽るから、漠然とした不安も混在してる。
大人になれば小さな事でも、これぐらいの頃は何でも悩む。
遊ぶ金は欲しい、だけど学生のバイトは時給が低くて労働による対価・リスクも理解しきれてないから不満だらけ。
それでいて、周囲に流されやすい脆さを持つ。

中2病こじらせてるとしか思えないような考え方だけど、まぁこんなもんじゃないですか。

僕は結局バイトしましたけどね。うどん屋で。「っしゃいませー!」って。時給600円台で。
バイト先のハマグチさんに恋しましたけどね。何度も話しかけましたけどね。

「仕事して」って言われましたけどね。

僕の実録は色々泣けます。

記事の続きを見る

再生画像

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング