無毛女、3P。※個人撮影

アダルト動画dotbizさんとこの、何とも危ない映像です。

そりゃ3Pだのハメ撮りだの、今時AVじゃ珍しくないです。

この手の、女が出演してる映像でつくづく思うのは、マジメそうな子ばっかりなんですよね。
「まさかこんな子が」って思う映像の多いこと多いこと。

この子らの親は「まさかウチの子が」って思うでしょうね。
こんなマジメそうな子だけど夜遊び全開パワーだったら話は別ですが、こんなナリで学校と塾に行かれたら親は安心ですよ。

それで日曜に友達と遊んできまーすとか言いつつ外出しても、親は露ほども疑いますまい。

記事の続きを見る

フィリピン、ハメ撮り。

薔薇にゅーすさんから、海外モノの映像です。

そう言えば昔の島耕作でこういったアジアの暗部に触れる事が何度かありました。

まだ「課長」時代だったと思いますが、出張やら転勤で訪れた東南アジアで、その現状を思い知る、みたいな回。

当時は80年代で日本はバブル真っ盛り。
アジアで唯一の勝ち組状態で、経済大国・日本から見た視線でしたが、今だったら表現が変わるのかな。

貧民層では「愛人」を生業とした女性も多いとか描かれてました。

何の知識も技術も資格もいらない上に、未だ先進国の支社・工場が多い事から海外からの富裕層も多いわけで、手っ取り早く稼げるんでしょうね。

今後、日本はどうなるのか。

この動画がそれを物語ってるのかも知れませんね。

記事の続きを見る

ゆき。

はい、このシリーズ。
怖い怖い。

「ゆき」という名前、初恋の女の子と一緒だ。

クラスで一番人気があった女子でした。

小学校の頃のクラスメートだったんですが、まぁチンコに毛が生えてない少年の恋心ですから。
相手に告げる事もできずに卒業して、そのまま僕は引っ越して土地を離れて、その後どうなったかわかりませんでした。

そして20歳の頃、同窓会で再会。

アバズレみたいになってました。

これがまぁ見事にアバズレ。

「いやぁ、ゆきの変わりようにはガッカリしたねぇ」と、ガン黒ケバギャルになった「ゆき」の外見に、元クラスの男子と失望の念を語ってると、「ゆき」と高校まで同じだった男子が僕らに密告。

「ゆき」は高校一年で妊娠と堕胎を経験して、そこで吹っ切れたんだか何だか知らないけど、誰かれ構わず抱かれるビッチに変貌。

性病になるわ、再度妊娠騒ぎを起こすも心当たりが満載すぎて誰が父親かわからない状態に。

ここまで見事なるアバズレになるとは思ってなかったけど、ルックスだけは良かったから20歳当時でも男には困らなかったとか。

「ゆき」って名前も、エピソードもガチ話なので、身バレするかな。

僕だよ、僕僕!
ヒマさえあったら校庭ののぼり棒でチンチンを狂ったように擦りつけてた僕だよ!

記事の続きを見る

中国より、双子女たちの実録映像

アダルト動画画像の壺さんから、かなり衝撃度の高い映像です。

よく「双子の片方が感じると、シンクロ的にもう一人も感じる」みたいなシチュエーションをエロマンガで読みますが、これって実際にあるのかしら。

知り合いに一組だけ一卵性の双子がいましたが、小学生の頃の話だしなぁ。

僕はその兄の方と同じクラスで、まぁそこそこ仲が良かったんです。
激似の弟とは違うクラスですが、全く交流が無かったわけじゃないけど、友達ってレベルじゃない程度。

割と温厚な兄に比べると、妙に粗暴な弟。
粗暴な連中の多いクラスに染まったのかと思ってたんですが、案外複雑な事情をお持ちのようで。

ある年の2学期、長い夏休みを終えて久しぶりに学校に来てみると、弟の苗字が変わってました。

それからどんどん弟は粗暴になっていき、兄はそのフォローに回るためどんどん温厚に。

なんだか人生の縮図を感じるなぁと子供心に思ったものです。
中学に上がってから、両方とも疎遠になったのでその後はわかりませんが、風の噂ではその双子の息子同士(つまり従兄弟同士)がクリソツとの話を聞いたので、まぁ幸せにやってるんでしょうね。

「双子の片方が感じると、シンクロ的にもう一人も感じる」みたいなシチュエーションのエロマンガを「よく読む」と豪語してる僕よりよっぽど。

記事の続きを見る

睡眠薬を飲ませ、レイプ。

Vid Goodiesさんから、昏睡レイプ。

意図的に動画とは関係の無い話を毎度してますが、
今日もそんな感じ。

平平凡凡にのんべんだらりと生きてる僕には、睡眠薬は無用の長物です。
睡眠導入剤ぐらいならともかく、処方されるような睡眠薬は見た事すらありません。

でもこういう強力な薬って、実は身近にあったりするんですよね。

激しい偏頭痛に悩む知り合いがいるんですが、激しすぎて当然のように市販の薬じゃ全く効かない。

そこで通院してるんですが、あれこれ調べた結果、そこそこタチの悪い偏頭痛という事が判明。
処方される薬でも「劇薬」に分類されるような、すっごい薬を処方されたそうです。

そしてお医者さんが一言。

「用法と用量は必ず守ってください。これは『医者としての忠告』なんて中途半端なものじゃありません」

この「劇薬」を飲む際には、もう一つの薬を必ず飲めと言われたそうですが、胃だか肝臓だか、どこぞの内臓を守るための薬だとか。

そこまでの劇薬なのか・・・!と、市販の薬は1回2錠の制限を無視して5~6錠一気に飲んでる剛の者な知り合いも、戦々恐々と用量を守ってるそうです。

この動画、その知り合いの内臓よりヤバいです。

記事の続きを見る

再生画像

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング