家出の代償。

エログ大魔神さんから、衝撃映像です。

家出をした女の子がホテルに連れ込まれ…という何とも痛ましい内容。

僕は家出を考えた事がこれと言って無かったんです。
ご両親が放任主義というか、基本的には「自由にやれ、でも自由にやるなら責任持て。親はケツ拭かないよ」ってスタンスで。

中学・高校の反抗期真っ盛りの時も、僕は別に親に対して反抗する事は無かったです。従順ってわけじゃなく、抑えつけられないから反抗しようがない感じ。

そんなわけで家出を考えた事が無い。
むしろ高校卒業後は親元を離れろ的な、空気読め的な、せかされるように上京したぐらい。

ただ、そんな僕ですが家出をした事が無いというわけでもないんです。
これは以前書いたので大雑把に書きますと、親に怒られて「出て行け!」と言われ、ショックを受けるわけでも怒るわけでもなく、ただ単純に『あ、出て行かないといけないのか』と事務的に家出した少年時代の思い出があります。

家出ってのは自由になるための行動じゃないんですよね。
ただ逃げるだけの行動。

毒親だったりする可能性ももちろんあるけど、それならそれで戦い方はいくらでもあります。
それをせずに家出したところで、自由になんてなるわけじゃない。

自由になるにはそれなりの段階を踏まなきゃいけないし、しかも自由がそれほど良いものかと言えばそうじゃない。

大人になりゃそんな事は身にしみてわかるんですけど、この頃はわからないですもんね。
同時に、親がどれだけ自分を愛してくれているかもわからない。

家出するだけの行動力があるなら、自分や親を見つめ直すのも良いんじゃないかしら。

たまに帰省して、帰る日を特に決めずにダラダラしてると、親から早く帰れ的な、空気読め的な、お前の食事作るのめんどくさい的な。

記事の続きを見る

流出。モデル並の美女、個人的な画像。

エロゲバさんから、流出画像集です。

いま思い出しても顔からベギラゴンが放出されてしまうほど恥ずかしい思い出。

僕が希望を抱いて上京したばかりの頃。
当時は子を心配する親の説得と、自分も貧乏学生になる事がわかってたのもあって、既に上京していた姉との共同生活がスタートします。

最初は居候のつもりである程度自分だけで生活できるようになったら出ていこうと思ってたんですが、なんだかんだで数年一緒に暮らしてました。

ある日、家に帰ると姉はおらず、リビングにビデオカメラが置いてありました。
「あ、姉ちゃんが買ったのかー」とスルーしてたんですけど、このビデオカメラ、何故か数日間置きっぱなし。

ちなみに、姉はマスコミ関係で働いてて夜が遅い分、朝は少しゆったり。
僕は逆に肉体労働系のバイトだったので、朝超早く夕方に終わる仕事。

これがまぁ見事に会わない。家族であり、同居してるのに会わない。
一度法事で父の実家に行ったとき、3ヵ月ぶりに顔を合わせて「あ、久しぶり」とお互い言い合うと、周囲はザワザワ。一緒に住んでるんじゃなかったっけ?という空気でザワザワ。

だから数日放置されてるビデオカメラの理由も聞けずじまいでした。

しばらく置いてあったことで、「姉のもの=触ってはいけないもの」という感覚が薄れたんでしょうね。
ここは一つ、自分を映してみようと試みます。僕の人生、初の個人撮影。

とは言っても何かするわけでもなく、自分を客観視したいだけなので、適当に5分ぐらいタバコ吸ってテレビ見てるところを映してるだけ。

録画を終え、再生。
うわー、カメラの方向に目線を持って行ってないけど、すっごい意識してるー。ださー。こんなマヌケなのか僕は。そんな感想を抱きながら、カメラを再び放置のラビリンスへ。

消去すんのすっかり忘れてた。
思いだしたのは、姉が持って行ったであろう、リビングからビデオカメラが消えた数日後。

あわわわわわ。姉ちゃん絶対見てる。恥ずかしいぃぃぃぃぃぃぃぃ!

子供の頃から結構多いのよね、こういうの。
しかも見つかるのは大体姉ちゃん。

小学生の頃に描いていたマンガの続きでも練るか!とノートを広げてみると、姉の字で「へたくそ」と書いてあったり。

そろそろ思春期も差し迫った頃に、女体を想像で描いてたのも見られた形跡があった事も。

姉は何故こうも僕の見られたくないものを片っ端から見ていくのだろうか。
僕にとっては爆弾みたいな女です。

その全ての導火線に火を点けてるのは、まぁ僕です。

記事の続きを見る

黒髪の制服女子、中出しされる。

動画像さんから、衝撃映像です。

中出しってのはもちろんリスクが伴うもので、現時点で100%の避妊方法は無いと言うことで、この女子の悲惨さも窺い知れます。

僕がまだ、うら若きセックス覚えたてだった頃。
男は野獣、男は狼、夜の狩人と言われる青春時代において、この辺すっごい怖がってました。

まだ風俗や遊びを覚える前で、彼女以外の女性とセックスという事を経験した事が無かった時期。
それこそ、最悪の事態も満更最悪じゃない状況なのに、何故だかすっごい怖がってたのです。

僕の出した方法とは、コンドームを付けた上で、更に外出し。
もしかしたらゴムが破れるかも知れない、そんな恐怖を払拭するには、外に出すしかありません。

しかも発射そのものはゴムの中ですからね。
つまりですね、ダム決壊も間近に迫った瞬間、チンコを引き抜いて待機ですよ。これすっごいミジメ。
この待機中に発射を済ませるわけですから、一番気持ちの良い瞬間の筈なのに、余韻もへったくれもありゃしない。ボケーっとしてるだけ。

それでもリスクを考えるとこれが最良の方法なんだ、そう自分に言い聞かせるんですけど、ちょっと待て。

その前に僕は古今未曾有の早漏ボーイ。
薄いゴムのコンドームなんてものは偉そうに世に蔓延ってるけど、そんなもんいらないからゴム手袋みたいなコンドームを開発しろと日夜叫んでる悲しい男。

挿入してから絶頂に達するのが只でさえ早いのに、万全を期すためにサクっと外に出すようでは、結合時間が余りにも短くて憐れ。

この当時の僕は、幼い頃からの姉による女尊男卑思想の呪縛もあり、とにかく女性に関わる全てに怖がってた気がします。その割にはやるこたやってます。このド変態が。

今は早漏も少しはマシになりましたが、ゴム管のようなコンドームは募集中です。

記事の続きを見る

個人撮影の輪姦。閲覧注意。

アダルト動画画像の壺さんから、衝撃映像です。

昨日に引き続き、輪姦映像。
レイプって何となく自分らとは縁遠いものだと考えるじゃないですか。

加害者になるって意味じゃなく、周囲でそうそう起こる事件じゃないから。
僕の周りにも加害者、被害者共にいません。

僕の場合、基本的にはMで僕を犯してくれる女子を一日千秋の思いで待ち侘びてるので、レイプ願望もへったくれもありません。
女の敵じゃないかも知れないけど、日本人の恥だとは思ってます。

でもやっぱりね、レイプはダメですぜ。
スマートじゃないって言うか、相手が泣いて嫌がってるのに無理やりってのは、余りにカッコ悪い。なんかマンガの悪役みたいでダサい。

レイプ願望そのものを否定したりはしないし、それも立派な性癖だから尊重すらするけど、願望は願望で留めておいて、ここは一つこういう動画で満足してみては如何かしら。

逆にレイプしてくれる風俗だったら紹介します。
僕の紹介だったら初回指名料がタダになるぐらいの常連店です。

なんかマンガの醜い政治家みたいでダサい。

記事の続きを見る

輪姦され、中出しされる女の子。

ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、衝撃映像です。

輪姦とは穏やかじゃありません。
大勢でよってたかってでは、女の子の恐怖はいかばかりか。

多数で囲まれると男でも恐怖しますもんね。女の子じゃ腕力では勝てないという前提があるから尚更です。

ここからはまたいつもの、僕の話。
僕も一度、囲まれた事があります。

基本的に思春期の頃も大人しくヤンキーの標的にならないように王侯貴族のような慎ましやかな学生生活を謳歌していた僕です。
普通に考えてそんな血なまぐさい事に巻き込まれる事はありませんでした。

それが自動車免許をとり、初めて自分の車を購入した時の話。

いつでも車の買い替え時ってテンションが上がるけど、初めての車ってもう嬉しくて嬉しくて仕方が無い。

車を買った時は既に上京した後で「車が無いと生活できない」場所でもないから「持ってて当たり前」ってわけじゃないんですよ。
だからこそ、意識的に特別な買い物をしたって事も手伝って、心底うれしかった時期。

けどあちこち乗りまわしてるほど時間があるわけじゃないし、免許とって数年ペーパーだっただけに、初心者よりも運転に自信が無いわけです。

だから仕事終わりの夜、比較的空いてる主要道路を避けて走るのが習慣になってたんですけど、たまたま走ってた地域が、所謂車が大好きで改造してる割には、低速で走っていらっしゃる団体の多い場所だったんです。

僕は全然知らなかった。
元々そっち方面の知識が無いのもありましたが、それまで車を持った事が無いから東京の地図を「路線図」的な平面で捉える事しか出来なかったから、どこそこの地域は危険とか、そういう情報が一切なかったもんで。

わーっと走ってると、後ろからブンブン鳴らしながら、明らかに僕のような王侯貴族を装った貧民では無い、戦闘民族の方々がいらっしゃるわけですよ。

今だったらね、落ち着いて道を変えるなりしますけど、とにかくテンパる僕。
車の中で流してるブランキーの曲よりバイク乗りばかりが揃ってる。あわわわわわわわ。

しかもタチの悪い事に、主要道路みたいに片道三車線あったり右左折する対角線の道なんかほとんど無い。
片道二車線だけど狭い道路で、右左折できる道は生活道路みたいな場所。

右左折の際にはかなり減速しないと無理。僕の腕では無理。
オラオラ、止まってんじゃねぇぞって言われかねない。

仕方が無いから出来るだけ遅く、どうぞお先にと道を譲るつもりで車を走らせるんですけど、どういうつもりなのか僕を囲むようにして走る団体の皆様。

いやいやいや、何これ何これ何これ!!!
なんか僕もその団体の一員みたいになってる。しかも位置的にリーダーみたいになってる。こんな可愛らしいファミリーカーがリーダーって。

生きた心地しませんでした。死ぬかと思ったし、めっちゃ近い位置で並走してるから完全に絡まれると思いましたよ。
天国行きのエスカレーターは確かにワニの皮だったぜ。

ほいで結局、僕が赤信号で止まって、その団体は赤信号を無視して僕を追い越して行ったので、事無きを得たという話です。

何かされたわけでもないんです。
僕の車の後ろをビッタリとつけられたり、真横でバイクの後ろに乗ってる少年がこっちをジーっと見てたり、それだけで恐怖。

囲まれるってのは本当に恐怖なんですね、間違いなく年下の少年たちだろうに、社会人で年上であろう僕が土下座の準備は整ってましたから。
どんなに自分が悪くなくても土下座しよう、そう心に誓わせたのは、恐怖に身が支配されていたからでした。

最後は「世界が終わるまで待っててベイベー」に絡ませてオチを付けたかったんですけど、そんなの無理でした。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング