古今東西、最強の画像はこの中から選べる。

ぬけるエロ画像速報さんから、画像集です。

これある程度のフェチズムに対応してます。
アレ好きもコレ好きも、まずは一回見てください。間違いなく保存します。

僕がネットでエロ画像に出会ったのは、忘れもしない、仕事中でした。

当時僕は会社員で、都内某中小企業で社畜になってました。
規模としては中小だけど、典型的なベンチャーで昼も夜もなく、かなり過酷な労働に耐えていた気がします。

労働時間がべらぼうに長いのに、休憩時間がまるで無い。
そのまるで無い休憩時間中に、サーフィンしてたら出会った、というわけです。

もう興奮状態ですよ。
それまでは本・雑誌・ビデオ(DVD)からしかエロスを引き出す術を知らず、ネットでエロサイトがあることぐらいは知ってたけど、まぁ既存の媒体でエロスは堪能してるし、とか思ってた。
なんだこのクオリティ。なんだこの量。

そうか、これがネットの世界なのか。と、まるで無かった筈の休憩時間を膨大に延長して、ずっとエロ画像を探してました。

当時、家にゲーム用としてパソコンは置いてあったけど、本当にゲーム用に買ったようなものなので、ネットを引く事もなかったのに、その日のうちにネット契約に向けて動き出したほどのパワー。

エロスは偉大だね。
昔、なんかの漫画で「ビデオ機はAVのお陰でスケベ親父中心に爆発的普及を果たした」みたいな事が描かれてたけど、この時に初めて説得力を生んだ気がします。

その後、ネットを引いて外付け用の大容量HDD(当時は高価だった)を買って、バキバキ保存していきました。

どうぞ皆さんもこの画像集で、その頃の僕の気持ちを理解して頂きたい。

どうぞ仕事中に見て頂きたい。

どうぞその姿をバイトに見られて頂きたい。

どうぞ「あの人と一緒に仕事したくありません」と上司に直談判されて頂きたい。

記事の続きを見る

洋、初めて。処女を失われまいと・処女を奪いたいと必死な男女。

アダルト動画画像の壺さんから、衝撃映像です。

処女喪失は、やっぱり何だかんだで大きなイベントですよ、女子からすれば。

例えば「最近の女の子は簡単に処女を捨てる」というのも、大きなイベントだから。
つまりですね、周りの友達に経験済みの子が増えてきた、焦る、早く私も済ませなきゃ!というように、処女喪失を一つのイベントとして捉えてるからこそ焦るわけです。

処女喪失などどうでも良い、初めてにしても100回目にしても、1回は1回でござる!と腕を組み、武士のような座り方で高笑いする男前な女子なんて、そうそういない。いたらいたでノーサンキュー。

「処女を大切にする」「処女を早く捨てたい」
方向性は全く違うものの、行きつく場所は同じ「処女への概念」なわけです。

童貞は心底どうでもいいよな。
そりゃ焦る人もいるだろうけど、どうしても捨てたいんなら風俗に行けばいいし。

早く捨てれば自慢話にも笑い話にも出来るし、遅くても同じ、童貞だとしても「俺童貞だしwww」でやっぱり同じ。

男はそういう意味では楽でいいね、風俗っていう最悪の事態に備えた後ろ盾もあるから、本当にどうでもいい。
そりゃ男と女の性意識が合致する事が無いのも頷けますね。

昨日、女の子に「この下半期、童貞です」と言ってドン引きされたのも頷けますね。

記事の続きを見る

貧乳ちっぱいが入浴中に自慰行為。

ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、まさかの共感映像です。

僕がまだ少年だった頃、オナニー創世記の頃、僕は風呂場でオナニーするのが日課でした。

自慰行為を覚え、今まで感じた事のない快感に僕の心が高揚してたのを昨日の事のように思い出すのは、多分昨日オナニーしたからだと思います。

僕は元々、子供の頃から風呂が嫌い。
出来れば入りたくないし、学校の予防接種(注射)の夜なんかは風呂禁止という免罪符を堂々と掲げてガハハハ笑ったものです。

それが急に風呂が大好きになりましてね。親が疑問に思ったほどに。
今までいくら「入れ」と言ってもあれこれ理由つけて渋ってた息子が、風呂はまだかのオンパレードじゃそりゃ不審に思うわな。

不審に思われただけならまだしも、不審に思った父親が風呂に突然入ってきてオナニー見つかった時に全てを察してくれました。

オナニーしすぎると身長伸びなくなるぞと言われましたが、ふん、そんな事より今の快楽じゃいとオナニーを繰り返したのが功を奏したのか、確かに僕はチビです。親父もチビでした。なるほど。お前もか、父よ。

そんなわけで、風呂場でのオナニーは僕の共感するところ。
その内、オカズに本なりビデオなりを使うようになり、バスルーム・オナニーは卒業する事になります。

でも風呂場という密室、例えば男ならボディソープを手に馴染ませてオナニーするだけでセルフソープ体験ですよ。

オカズが無くてもイケる、水に濡れても大丈夫な雑誌・視聴機器があるという方は、風呂場でのオナニーをオススメします。

今でも、早漏予防にセックル前のシャワータイムでオナニーしてる事だけは、知られちゃいけない事実です。

記事の続きを見る

爆乳女優、仁科百華が目の色どころか顔そのものが変わったよ?ビフォア&アフター

ぷるるんお宝画像庫さんから、何とも複雑画像集です。

えーと、・・・こうなっちゃったかぁ・・・って感じです。

やっぱりね、前から色々言われてた女優さんなので、それこそお噂はかねがねレベルでは知ってましたよ。

でも僕は女優で言うと範田紗々が好きという典型的童顔巨乳派なので、こういうムッチリ類人猿系はキャパを越えてたんです。
それがすっかりねぇ・・・。

学生時代の卒アルなんかを持ちだして「全然違う!整形だ!」って言う風潮が最近あるようですが、当たらずも遠からず。
整形したかしてないかは、当事者周辺しか知り得ない事なので大きくは言えませんが、成人してから顔形がガラっと変わるなんて普通の事です。

高校の頃の同級生で、昔は冴えない感じだったけど今じゃすっかり可愛く美人さんになってる子なんてザラにいますもの。

学生の頃はメイクをしない、しても知識が無いからヘタ。
それが大人になってメイクを覚える。

更に学生の頃は顔に多少の余分な肉がついてる。
個人差はあるけど、26歳ぐらいまでは成長期が続くので、それ以降にその余分な肉が落ちる事だってある。

余分な肉が落ちれば、奥二重がクッキリ二重になって目も肉で圧迫されてた部分が無くなってパッチリになります。

僕の姉は全てを逆行するアナーキー・イン・ザ・トーキョーなので、どんどん肉がついてきて、どんどん目が見えなくなっていって、今じゃすっかりドルジ顔。
悪しき例は置いといて、整形しなくても面影なく顔が変わるなんて事はいくらでも例があるんです。

まぁ最近見なくなったなぁって人が久々にテレビに出たら顔がすっかり変わってましたって例も多いけど。具体例挙げられないけど。

そういうビフォア・アフターをお楽しみください。

記事の続きを見る

中国から流出。個人撮影。

エログペチカさんから、中国流出集です。

勝手なイメージですけど、中国ってインテリだらけって印象があります。
完全に島耕作(取締役編以降)の影響なんですけど、中国の暗部より『なんて向学心に溢れた民族なんだろう』と感嘆したものです。

僕は中国に行った事はありませんが、知り合いに数人、中国からの留学生や移民的労働者がいます。
先日、ここにも書いたセックスアニマルな中国人もその中の一人。

僕は引っ越しをする際、両隣(マンション等の構造によってはお向かいさんも)と真下の部屋の住人には入居の挨拶をします。
でも上は別にいいかなーと放置してました。

ある日、集合ポストのところで自分の部屋のポストを開けてたら、通りがかった人に声をかけられました。

「●●●号室ノ方デスカ?」

ハイ、ソウデスヨと答えると、どうやら上の階の人だとか。
あー、毎夜激しいセックスに興じてるのはこの人か・・・と挨拶に行かなかった非礼を詫びて、改めて挨拶をしました。

その人は日本の企業に勤めるOLさんで、留学で日本に来てから日本が好きになって、中国にも進出してる日本企業に就職したんですって。
で、今は転勤で日本に来てて、ゆくゆくは日本の国籍を取って日本で暮らしたいとか。

やっぱり中国の人ってバイタリティがあるような気がします。
一人っ子政策とかの弊害が出てきてるようで社会問題になりつつあると聞いた事がありますが、中国独自のメンタリティを改善されたら日本じゃ勝てないかも知れないですね。

と、ネトウヨの僕は心配。

記事の続きを見る

再生画像

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング