女たちを見てみようずwww

半角ピンクエログさんから画像集です。

しかしまぁ無防備。その一言。

僕は生憎女子になった事が無いので感覚がわからないんですが、スカートを穿いてる時ってもう少し注意しないもんなんですかね。
高校に入った頃は女子全員が下着を見せない事に命を燃やしてた気もしますが、割とそれ以前となると毎日に近い状態でパンツ見れたりしてましたよね。

僕は小学生の時、半ズボン派でした。
毎日毎日、夏はもちろん雪がちらつく冬の日ですら、B’zのボーカルみたいな半ズボンで学校に通ってたものです。

クラスでも半ズボンの男子は半分ぐらいいて、みんな冬になると腿から膝にかけてカッサカサになってました。

でね、半ズボンって穿いてた人ならわかると思うんですけど、結構ハミ出るんですよ。パンツが。
小学生なんて白のブリーフと相場が決まってます。

結構男子のパンチラも小学生の頃は目についてましたね。
小学校の卒業アルバム、僕思いっきりパンチラしてますもの。そういう意味では。

で、卒業アルバムで話は戻って、下に穿いてたのはパンツじゃなくブルマだけど、クラス全体の写真でスカートの中からブルマがチラリと覗いてるクラスメートの女子がいました。

他にも5~6人の班ごとの写真にも、他のクラスに「おそらくパンツが見えたんだろう」と思われる不自然なほど下部がカットされてる写真がありました。

思春期に入りかけてる小学校卒業時にも、結構こういう隠す意思の薄い女子ってのはいたものです。

記事の続きを見る

例の男のシリーズ。

薔薇にゅーすさんから、例のアイツが撮影した衝撃映像です。

ここまで自我を解放する事って、なかなか難しい。
人間誰しも、人には言えない欲求があったりするもので、僕にだって櫻井よしこの上品な語り口でクドクドと怒られたいという夢があります。

だけどやっぱり出来ませんよね。
まぁ僕の場合は、まず櫻井よしこ女史に知りあうところから始めないといけないんですけど。

あんなプレイしたい、こんな事してもらいたい、そんな欲求を抱えながら人は生きてます。
それを余す事なく実行したのが、例の男です。

あれだけ自分の正直だった男の事です。今もきっとどこかでフガフガやってるんだと思います。

記事の続きを見る

妖精のような女。

Misty Childrenさんから、気が付いたら1時間見れるブツです。

僕には年の離れた従兄がおりまして、既に中学生の娘がいたりします。
年が離れてるとは言え、従兄と言えば兄弟も同然です。この娘も姪っ子みたいなものです。

年齢的に言えば、従兄と娘のちょうど中間ぐらいに僕がいる感じですけど、血縁ですからね、そんな邪な気持ちは持ってません。

持ってませんよ。

本当に持ってませんよ?

持ってなかったんですけどねぇ…。

この前、法事があって何年振りかで会ったんですけど、見事に女の子になってるんですよ。
細い目・上に向かった鼻、子供の頃は何とも思えなかった顔が、だんだん女子の顔になってきて、肌もつるつるで。

どうだい、おじさんと風呂に入らないか?とか昼間から言いそうになったもんね。

でもきっとガン見してたんでしょうね、そんな事言いそうになるぐらいだから。

従兄の嫁(要するに母)からずーっと警戒されてた。

そんなわけで、警戒されないように部屋を閉め切って特集をお楽しみください。僕の分まで。

記事の続きを見る

個人撮影映像。ホテルにて。

アダルト動画dotbizさんから。

個人撮影にはやっぱりゴクリとしますなー。
普通はお目にかかれないものですから。

見せるために作られたわけじゃない、本物の映像。
これに尽きます。

僕はハメ撮りも撮影も、した事はありません。
しようと思った事は何度もあるし、頼んだ事すらありますが、その時に一刀両断されてから、せっかくの据え膳も頂けないかも知れないリスクを背負ってまで撮影したいのかと自問自答する日々です。

まぁどっちにしろ、動画で撮影する機器を持ってませんけど。

でも実際に撮影してる人はいるし、多くの個人撮影モノを見れば、確かに中には眉唾ものも多いけど、これ本気でガチだなって思えるのもあります。

っていうか、友達に彼女とのセックスを撮影してたヤツもいるし、こういうデータが流出してもおかしくない。で、その末路が今のネットでの騒動に繋がってるわけです。

どこかに可愛くてド淫乱で撮影しても簡単に許可してくれておっぱい大きくてでもそれほどスレてるわけじゃなくて別れる時に後腐れない子いませんかね。

そんな子いたら、ドン引きします。

記事の続きを見る

流出された映像から。

エロゲバさんから、衝撃映像です。

嫌がる女の子をムリヤリ!ってわけじゃないので、凌辱されていません。
でも「逆らったら芸能界入りがダメになる」を錦の御旗に掲げてる分、余計タチ悪い。

捕まっちゃった女たちの悲劇が、ここにあります。

支配欲みたいなのはわからんでもないけど、よくここまで鬼畜に出来るもんだ。

後から調べたら、真偽はわからないけど、Kの国の人だとか。

なるほど・・・。

記事の続きを見る

再生画像

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング