日本に住まう天使たち。女の子の画像。

半角ピンクエログさんから、画像集です。

うわー、女の子がどうとか画像がどうとかってより、画像集のなかにゆき姉がいた事にビックリ。
久しぶりに見たなぁ。

すっごいマニアックな話だけど、相変わらずTRACY時代の鎌坂と同じ髪型でなんか安心しました。

もうついでにね、今回の画像集が実にアレで具体的にコメントしずらいし、思い出したからここはもう開き直ってTRACYの話でもしてみます。

さすがに今まで僕は年齢を具体的に書いてこずに「シャレにならない年齢」と表現してきましたが、TRACYを知ってる人がいたら本当にシャレにならないんだなってバレると思います。

ただ、同世代の人でもTRACYを知らない人は多いと思います。
TRACYとはバンド名。
90年代初頭に正統派パンクとポップスを融合させたような、当時としては教科書通りのパンクバンドでした。

今まで色んなライブに行ってきましたが、このTRACYのライブを観に行ったのが人生初のライブ鑑賞。

まだ僕が中学生の頃。
当時の僕は決してパンクが好きだったわけじゃないんですけど、友達から「くそまじめな世界」を聴かされてファンになり、その友達にライブに行こうと誘われたのです。

で、その友達も初めてのライブで、テンションが上がりっぱなしで大丈夫か?と心配したくなるほど興奮してました。
興奮しすぎて近くにいた男と乱闘になってましたが、その時僕は見事な他人のフリでやり過ごしました。超中学級の事なかれ主義。

今聴いてみると、歌詞は中二病全開だし、曲調も単純、音作りも軽過ぎるんですけど、当時は現役の中二だった事もあって夢中になったものです。大人なんてバカヤローだよな!とか正気の沙汰とは思えない事言ってました。そう言ってる段階で大人よりバカヤローなんですけど。

中学にもなれば反抗期を迎えるわけで、大人・教師・商業主義の音楽を批判してるパンクが妙にカッコ良く見えたんですよね。
時代時代にそういうのってあったりします。

僕よりもっと前の世代から、キャロルだとか横浜銀蠅とか、反抗期の心をクチュクチュっと擽ってくれる存在は必要なのかも知れませんな。

人生で初めて行ったライブはTRACYですが、最後に行ったライブは今のところ最近日本に来たLimpBizkitです。

メンバー全員、漏れなく太ってました。

記事の続きを見る

激ヤバ。パイパンの女の子たちが集団オナニー。

薔薇にゅーすさんから、衝撃映像です。

人に見られながらオナニーってんなアホなと思いつつ、まぁでも僕もその経験あります。

ある意味ハイテンションだから出来たと言うか、その場のノリでやっちゃったと言うか。
修学旅行の夜、誰が一番ザーメン飛ばせるかやってみようずwwwみたいな展開になって、皆でコイてただけの話。

でもそれはそれで、一つ収穫がありました。
自分がすっごい早漏だと思い知らされた。

それぐらいの頃なんて、とにかく早くイケれば良いと思ってたし、早くあの快感を!親に見つかる前に早く!っていうのがオナニーのコンセプトだったので、どんどん早まっていったんでしょうね。

当時は思春期ってのもあったけど、とにかく早かった。ってより、酷かった。

完全に勃起した段階から、2分ももたなかったんじゃないかな。
その時は童貞だったし、オナニーなんて横になってるか座ってるかでしかヤッた事ないから、窓際に立ってオナニーなんてした事が無くて、なかなかイケない状況が揃ってたのに2分弱。

「すげーwwwお前早すぎだろwwwww」と、『ウルトラマンよりも早い』という渾名が出来たのはこの頃です。

さすがにその時は傷ついてね。
だって飛ばし合い大会開始早々に、僕ヒマになったから。

集団オナニーはやめた方がいいですよ、トラウマになりかねない。

8人ぐらいでやったんですけど、一番早かった割には二番目に飛ばなかった。

記事の続きを見る

スタンドでバイトしてる女の子をいただきます!

無料エロ動画の桃源郷 乳之蔵さんから、衝撃映像です。

ガソリンスタンドでバイトしてる女の子を無理やり犯してます。
実際、普通の客は整備スペースには余り近寄らないですもんね。確かに死角だす。

パチンコ屋とかに比べると「ガソリンスタンドで働く女の子は顔面接してるだろってぐらい可愛い子ばっかり」というわけじゃないですよ、正直。

僕の家に近くにあって会員にまでなってるガソリンスタンドには、事実ジェロニモ似の女の子がいるぐらいですから。
ウィンドウを開けてジェロニモを見上げると、平べったい鼻の穴も合わせて、余計ジェロニモに見える。
給油に洗車、整備をまとめて頼む時なんかは、その女の子と雑談する事もあるんですけど「私○○なんですよ~」とか言われると納得できないもんね。是非ともそこは「オラ○○なんズラよ~」と言ってもらいたい。

整備の資格は必要無くとも、スタンドで働くにはそれなりの知識が必要。
お客さんのオアシスという存在ではダメなんですね。

だからこそ、スタンドで働く女の子が可愛いと胸キュンするわけです。
こんなに可愛いのに、めっちゃ車に詳しいとか、これも一つのギャップ萌え。
エンジンオイルの点検してる姿を見て、お掃除フェラを想像するのは僕レベルの変態じゃないと出来る事じゃないと思いますが、多少の興奮も仕方ないでしょって話です。

特にスタンド店員って、夏でもある程度厚着してますもんね。油で汚れる仕事だから。
服装にエロスを一切感じないからこそ、エロスを一切想像できないからこそ、僕レベルの変態のチンコが超人に憧れるジェロニモのように爆発するわけですよ。

漫画やアニメを見たくはなってないけど、牛丼食べたくなった。

記事の続きを見る

同窓会、数年ぶりに会った元同級生たちに酔わされ犯される。

アダルト動画dotbizさんから、泥酔レイプ映像です。

すっごいタイムリー。
今月末、高校の同窓会があるんです。

地元を離れて暮らしてるので、今までもお誘いがあっても断ってたんですけど、たまったまその前後に近い場所に出張に行くので、えーい行っちゃえと思いまして。それでも100kmぐらいはあるんですけど。

昔の友達に会うのは楽しみなんですけど、やっぱり女子に会うのが楽しみです。
ロマンス的な意味じゃなく、ウォッチャー的に。

僕が高校の頃に住んでた町は、本当に田舎。
前も何度か書いたけど、「コンビニまで○分かかる田舎でさーwww」ってレベルじゃなく、徒歩圏内にコンビニが無かったレベル。
この辺にコンビニ無いっすか?って住民に聞いたら、はてさてこの道をまっすぐ1時間ほど歩けば、もしかしたらあるかもしれませんなぁってレベル。無いかも知れない。住民がコンビニを使わないから知らない。

さすがに今はコンビニも増えたらしいし、通ってた高校は駅の近くだったので多少は店もあったけど、とにかくそんなレベル。

そんな田舎は都心に比べると結婚率がとにかく早い。
女性ともなると25歳で結婚してないと「晩婚」扱い。

時代が時代なだけに今はそんな差別的な事は無いと思うんですけど、それはあくまでも僕らとかちょっと上の世代まで。

もっと上の、僕らの親世代が常識を作ってるような町だから根本的な部分が変わってない。

おそらく同窓会に来る女子は、全員が既婚者。多分だけど、全員がお子様もいらっしゃる。

恋人として付き合っていた旦那も、今や結婚して子供も生まれると「妻」もしくは「子供らの母」としか見てくれていない。

だけど同窓会では「女子」だった自分しか知らない。
久しぶりに生活臭溢れる毎日から抜け出せ、しかも自分を「女子」として扱ってくれる。

と言う、元・女子たちの本音がありありと伝わってくるわけです。

数年前までチヤホヤしてくれてた男どもも、結婚して子供もいればそうはしてくれない。
でも同窓生はチヤホヤしてくれてた時期のまま、見る目が変わってないから。

そんなハシャぎっぷりが見てて面白くて仕方が無い。

だからおだてられれば、こんな風に痛飲し、自分を無くすほどに酔っ払うケースって同窓会には多いかも知れませんぜ。

田舎出身の方はわかると思いますが、田舎すぎてほとんどが車で来ます。
女子は全員、酒を飲まずに車で帰ります。何しに来たんど、ワレ。

記事の続きを見る

極悪マッサージ師にハメられる、アイドルの卵。

エログ大魔神さんから、衝撃映像です。

実際、アイドルやモデルなんかは経費でマッサージに行く事もあるそうですね。
僕の同級生にモデルがいて、その子が色々教えてくれました。

モデルと言ってもファッションモデルだとかオシャレなものじゃなく、通販やチラシに出てくる程度。
ほら、通販誌なんかを見ると服着てニコヤカに笑ってるけど、誰だこいつって写真あるじゃないですか。そいつそいつ。

その子曰く、買う服や自分磨きのためのエステやマッサージは経費で落とせるんですって。
ファッション関係は市場調査や取材費として計上できるし、エステ・マッサージはそのまま。自分の身体が商品ですから。

本当にその同級生は全然売れてないんです。
若い頃はCMの端っこの方に出てたり、ファッション誌に出たりしたそうですが、今は結婚して子供もいるし、少なくともティーン向けの雑誌に出られる年齢でもない。

それでも人に見られる事を仕事としてるから、メイクの仕方もプロ並だし、スタイルも子供を産んだとは思えないほど良いわけです。

やっぱりマッサージとなると、マッサージ師は色めき立つんじゃないですかね。
同級生ともなると身内に似たような感覚で、欲情しない僕でもチンコの辺りがざわつく瞬間がありますもの。
これが全くの他人になると。。。

これは余談なんですが、某通販誌で専属を貰えると、かなりお金になるらしいです。
日本でも唯一の知名度を持つその通販誌で専属になると、年収はゆうに一千万を超えるんだとか。

これがセレブママを生み出すわけです。
羨ましいなーと思いつつ、同窓会の二次会に奢ってくれるので精一杯応援してあげようと思います。

ちなみに、この話を今の友達に話すと「当時から可愛かった?実は惚れてた?」とか言われます。

当時から確かに可愛かったし美人でもあったけど、惚れてはいませんでした。

高校の同級生だけど、当時の段階で既に180cm近い身長で、僕を圧倒してましたから。

チビな僕からすれば、それこそ大魔神だわ。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング