海外、処女喪失。女が絶叫。

アダルト動画画像の壺さんから、見てるこっちのチンコも痛くなる動画です。違う意味で。

男は初めての時に痛がるなんて事は無いし、処女・非処女のような肉体的変化が無いので、所謂こういった「初めて」に大した思い入れもありませんわね。

誰としたかは当然憶えてるけど、どんな感じだったっけって感じじゃないですか?
緊張して憶えてないってのもあるけど、それにしてもこれといった印象が無い。

セックスの疑似行為としてオナニーがあるのに、毎夜毎夜繰り広げられるオナニーの宴に慣れ過ぎて、「オナニーの延長線上にあるセックス」みたいな錯覚があるからです。あ、僕の場合は。ほんと病気のようにオナニーしてましたから。
これが印象の無さに繋がってるわけですね。

だけど女子ってのは、セックスそのものにリスクがあるじゃないですか。
この処女喪失の痛みってのもそうだし、妊娠って責任も少なくても肉体的には1人で背負わされる事になるし。

だから一つ一つ憶えてるとかって聞きます。ビッチだとしても。
一つ一つは大袈裟だろうけど、ヤリマンとヤリチンでは違うかも知れんですな。

それなのに童貞を捨てた時に騒ぐのは何故なのだろうか。

記事の続きを見る

妹たちが可愛すぎて中出しせずにはいられない。

ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、近親相姦映像です。

さて、もうゴリラの話は良いですかね。

しかしあれですな、性の興味を持ち始めた好奇心旺盛の妹って良いもんですな。
それがツインテールだったら完璧ですな。

今回はよくある「妹をレイプ」って展開じゃなく、妹に迫られたダメ兄貴の構図です。俺妹に似たシチュエーションです。

僕はネットをするまで特に妹趣味は無かったんです。
興味が無かったというより、現実感が無くてピンと来て無かったわけです。

実際に妹はいないし、「お前」「あんた」と僕の事を呼ぶ独裁者じみた姉ゴリラしかいなかったので、現実感を得るには余りに遠すぎたんでしょうね。

それがネットで妹萌えの存在を知り、最初は「妹萌え」というハードじゃなく「女優・キャラの可愛さ」というソフト面で興味が出るようになったんです。

決定づけたのは風俗です。イメクラです。
耳元で「お兄ちゃん」って呼ばれた瞬間、なんかすごく偉くなったような感覚に陥ったんです。ありゃ堪りませんぞ。渋谷の某イメクラ店のルナちゃんが堪りませんぞ。

結局ソフトだな。

ちなみに、僕には弟もおりまして、子供の頃から「お兄ちゃん」って呼ばれてました。

なんなんだ、このあからさまな役不足感。弟萎えです。

記事の続きを見る

U-15アイドル。俄かには信じられない可愛さと。

ぷるるんお宝画像庫さんから、本気で必見、絶対に見た方が良い画像集です。

すいません、こういうブログを運営してる者にはあるまじき事なんですが、ちょっとU-15アイドルをナメてました。

要するにね「そんな年齢だったら、そりゃ可愛いだろ」ぐらいのイメージしかありませんでした。

でもこれを見て少し認識を改めましたね。
「そんな年齢だから可愛いのは当たり前」と「年齢からは想像できない」が混在してるんですよ。
今はこんな子もいるのかー・・と、ちょっと驚愕です。

「可愛い女」はテレビを見てればいくらでもいるけど、それが折り重なってると2倍どころじゃないんです。

だって、全然完成されてないんですもの。
顔も身体も、まだまだプニプニなのです。

野暮ったさが抜けてなくて、くびれがまだ出来上がってなくて、顔が当然幼い。
ホンの一瞬しか維持できない希少さも相まって、とんでもなく貴重な画像集です。

なんか興奮して素で解説しちゃった。

記事の続きを見る

ロシア強姦。凶器を突き付け、脅し、犯す。

Vid Goodiesさんから、シャレにならない映像です。

何となくですけど、ドラマや映画でのレイプと言えば、夜と相場が決まってます。

暗い帰り道、女の後をつけ、襲いかかる・・・。
大体はそんな展開じゃないですか。

そういうシーンを見る事があるからか、昼間のレイプが余りにも恐い。
シーンを見てるよりも「性犯罪の現場」を見てる感覚の方が強いのかな。

男は大なり小なり、レイプ願望があったりします。
こればっかりは否定しようの無い事実です。
案外真性のドMでも、そういう感情があるんですよね。

当然、実行しない人がほとんどです。日本では100%に近いような気がしますがどうでしょう。

僕にもレイプ願望は少なからずありますが、正直ギャーギャー泣かれるとドン引きするというか、だんだん腹立ってくるような気がするというか、まぁ恐くなっていきます。

それでは、どうぞ皆様に恐ロシアの真髄をご覧頂きましょう。

記事の続きを見る

言葉に出来ない画像集。

半角ピンクエログさんから、むしろ言葉にならないアレです。

子供独特の警戒心の無さは最近じゃ薄れてきてると思うんです。僕らが子供の頃に比べると。

だけど今は親世代が風潮に敏感というか、幼い我が娘を守る心構えが出来てるわけです。
まぁどっちが良いかと言えば、守る方が良いんですけど。

実際、昔の遠足の集合写真を今見返してみると、絶妙にパンツ見えてる女子とかがいたりします。
僕の友達のアルバムには、中学3年の修学旅行の写真でパンツ見えてる可哀想な女子も映ってました。さすがにそこは気付け、写真屋。

たぶんですけど、そういう事も今は無くなってるんだと思います。
集合写真はそういった事故を防ぐために数枚同じ写真を撮りますが、どれも見えてたりするなら修正するんじゃないかな。

なのでもう友達のアルバムでハァハァして、卒アルじゃないのに「貸してくれない?用途は言えないけど」と音速で用途がバレたような苦い思い出にもサヨナラ。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング