両親の留守中に営業マンが訪問先の姉妹を美味しく頂きました。

ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、逆・親の居ぬ間に動画です。

「親の居ぬ間に・・・」ってのは、普通その家の息子・娘が言う言葉であって、侵入者たる営業マン目線で言うべきことじゃないので、逆です。

でも子供の頃って両親がいない時でも平気で来訪者の接客してましたよね。
結局は「お父さんもお母さんもいない」としか対処しないし、向こうも「あ、それなら出直す」と引きさがるんですけど、大人になって出来なくなってきた。

例えば一人暮らしの友達の家に遊びに行って、家主である友達が買い物に行くなり何なりで席を外してる時にピンポーンとか鳴ると妙に焦ったり。

僕なんかは実家でも同じ。
転勤族の我が家は、僕が上京してから数回引っ越しをしてるので、実家だ何だと言っても僕は住んだ事が無いし、それこそ縁も所縁も無い土地。

都道府県はともかく、実家が引っ越して初めて市長区村名を知ったほどの場所。
しかも僕が住んでた頃の実家とは2~300km離れた場所にあるので、コミュニティも知らない。

実家に遊びに行ってる時に親がいないと、来客はおろか電話もオタオタ。
余りにもオタオタしてるもんだから、一度警察呼ばれた事あります。

今は父親が死んで母親が一人暮らしをしてるはず、それなのに男の声で妙に上ずって慌てたような電話先。ははーん、こりゃ強盗だな?と110番通報された。
電話の主は母親の友達だったんですけど、やっぱり類友だな。強盗が電話に出るかバカ。

大人になるにつれ、子供の頃には無かった責任を抱えるようになります。

友達の家という他人のコミュニティ(実家もあえて含む)で問題をおこしてはいけないという責任。

来客が配達等なら代わりに受け取ったり、営業その他の勧誘だったら営業のヒントになるような事は一切言わない、時には家主を装い断るなどの配慮が必要。

電話なら相手の用件を聞いておいたり、いるのに居ないと告げる配慮も必要。

その配慮をあれこれシミュレートしてると、オタオタが暴走特急になるというわけです。

母親がおらず、親子関係の証明が出来てない段階で警察官に「なんでここにいるんだ?」って言われてめっちゃ参った。

金の無心に来てたんだもの。強盗もあながち間違いじゃない。

記事の続きを見る

ニコニコ生放送をキャプってみました。可愛かったりエロかったり。

ぷるるんお宝画像庫さんから、ニコ生キャプ画像集です。

だいぶ前の話ですが、某掲示板群でニコ動に批判的なカキコミを見て、更に所謂「ニコ厨」という言葉が出たり、アンチ・ニコ動とされる人々がいる事を知るにあたって、それほどまでにニコ動とはメジャーになったのかと、しみじみ思ったものです。

僕は割と古くからのニコ動ユーザーだと思いますが、生放送を余り見たり聞いたりはしません。
ゲームのプレイ動画を見る事はあっても、実況プレイ動画を見る事はほぼありません。

これをニコ好きの人に言わせると、ニコ動をあまり楽しめてないというような事を言われます。

まぁ実際、僕はニコ動で何を見るかと言えば、好きなバンドやアーティストを検索して作業用BGMを探すぐらいのもので、確かにニコ動じゃなくても良いかも。
ただ再生時間が長くて、読み込みが早いのでニコ動を選んでます。

まさかこんなおっぱいを見れたりなんて、長いこと使ってる割には全く知らなかった。

~~ここから変態時間が始まります。ご注意ください。~~

ただ、ニコ動でオナニーをした事が無いかと言えば、してます。めっちゃしてます。最後にニコ動でオナニーしたのは、4時間前です。

僕はエロスの帝王として君臨していた父親に、何のデリカシーも無い父親に、全く無遠慮に気遣いなく育てられました。

このブログを何度も訪れて下さる方はご存知であろうエピソードの数々。

・入手経路は謎だが、洋物、のビデオとビニ本があった。ギリギリ隠してる風だったけど、押入れの一番上にポンと置いてあっただけ。

・これまた僕が8歳の頃、僕がリビングで漫画を読んでるにも関わらずポルノ映画を鑑賞。

・父親の寝室でしかテレビゲームを許さなかったくせに、その寝室には陰毛丸出しの洋物ヌードカレンダーがあった。

などなど暴挙に暇が無い。
他にも「お前は騎乗位で出来た子だ」発言やパンツの内側に口紅つけて帰って来て一家崩壊の危機事件、「母さんのアソコは実に臭かった」などの聞きたくも無い夫婦の閨話。。。

子供の頃はどの家庭も同じようなものだと思ってたけど、成長と共に社会を知るようになって、僕の父親がキ●ガイだと知りました。

そんな父親に育てられたせいか、僕のエロスはちょっと屈折してます。
それこそ中学に上がる頃にはおっぱいもアソコも雑誌・映像とは言え見慣れたもので、そこに興奮を覚える事が無くなってしまったのです。

僕が何に興奮したかと言うと、その前のパンチラ描写・おっぱいなのです。
AV見ても、最初の数分でオナニーしてしまうという傍若無人っぷり。

今はある程度改善されたけど、その時の影響からか、少年誌でも平気でオナニーできる。

そんなわけで、ニコ動の「一般アニメのパンチラ集めてみた」程度で簡単にオナニーが出来る身体になってしまったのです。
だから海外の動画投稿サイトと違って、エロスの境界線が低いニコ動でも、普通にオナニーが出来るというわけです。

でもね、僕は思うのです。
こういう父親に育てられたお陰で、僕はエロスに対する警戒心のようなものが生まれてます。
ハードなものに触れる機会が多かったからこそ、ソフトなものに興奮するようになってます。

僕がこの先、どんな犯罪を犯そうとも、性犯罪だけは間違いなく犯さない。だって、キモいもの。

まぁ今は女の子のパンツ見ただけで変質者扱いされるけど、それでもやっぱり自分がソッチ側に周る事は無いように思います。

性犯罪ってエグいでしょ。それってエグい事をしたいって欲求でしょ。レイプにしろ痴漢にしろ覗きにしろ。
僕はそのエグいのがトラウマなんだもの。無理無理。

その点だけは父親に感謝ですね。

ただ、将来僕に子供が生まれたとして、その子が男の子なら、そんな目に遭わせたくないです。

見慣れたアソコに反応できず、初めてセックスする時に平常心すぎて勃起しなかったなんて青春、僕だけで充分だ。

初めての相手にED扱いされるなんて僕だけで充分だ。

記事の続きを見る

図書館で、周りの迷惑にならないよう、黙々と犯されたんですけど。

神動画.comアダルトさんから、衝撃映像です。

図書館で静かにするのは言わば公然の常識です。
が、実はそれほど静寂に包まれた空間では無かったりします。

休みの時期になれば子供たちが煩い。
そうじゃなくても、未就学児をもつママたちのサロンになってたりする場合もある。
あとついでに言えば、静かにしてるようで本をめくる音や椅子を引く音が気になって仕方ない時もあります。

通常、人が考えられる中では静かな環境だから余計に、わずかな音が気になってしまい、集中できない。そんな事は往々にしてあることです。

集中できないって言うか、わずかな物音を聞くために集中しちゃうのよね。

実は僕、こういう光景見た事あります。
ここまであけっぴろげにセックスしてたわけじゃないけど。

僕がまだ学生の頃。
学校に提出するレポート作成のため、資料もあるし集中できるしって事で、図書館に行きました。

そのうち上記の理由でどんどん周囲の音に集中してしまい、作業が全く手に付かない。

で、なんかウフフだのイヤンだの、なんか変な声が聞こえるようになってきた。

???と思いながら、十中八九あの音だ!とアタリを付けた僕は、周囲を目で追うようになって、音の出所を探します。

さすがにこの動画のように、本棚ってわけじゃないけど、トイレにいく通路の、トイレを通過した先の完全に死角となる部分で、僕と同世代ぐらいと思われる男女がイチャコラやってました。

それもチュッチュしてるレベルじゃなく、スカートの中をまさぐったり、おっぱいを直に触ったりとやりたい放題。
乳首まで見えなかったけど、服がめくれ上がって胸の下あたりまで、真っ白な肌が露になっていて、パンツはガッツリ見えてました。

隠れる場所も確保し、ゆっくりじっくり爛々とした目でその行為を覗いてたというわけです。

いやーこういう事もあるもんですね。
そのカップルがイチャコラに飽きたのか、本格的にしたくなって場所を変えたのかわからないけど、その場から離れていきました。

その間、実に10分強。バレる事なく僕のピーピングも終幕を迎えたのです。

おあつらえ向きに、トイレを通過した場所なだけにフロアに戻る前にトイレがあります。

僕の外出自慰行為の開幕です。
そんなわけで、しっかりオナニーをして、大変満足した僕は、もうレポートとか心底どうでも良くなって、そのまま帰りました。オナニーしたのに興奮冷めやらず、エロ本買っていきました。

当時はまだ思春期。
ピーピングも、自宅以外のオナニーも初めてで興奮しまくっていて、買ったばかりのエロ本持参で駅のトイレに行き、またそこでオナニー。

家に帰って風呂に入る前にまたオナニー。
計算すると、16時から21時の間に、3回もオナニーしたことになります。

若いっていいよね。

エロ話を書こうと思ってたのに、なんで僕が書くとオナニー話になるのか、全くもって不思議。

僕が童貞だった頃の、本当のお話。

記事の続きを見る

台湾の女の子が可愛すぎて死ねるレベル。

半角ピンクエログさんから、画像集です。

『台湾は可愛い子が多い』
ネットでは公然と語られる言葉です。

そりゃどこの国にでも可愛い子・そうでない子がいる事はわかってます。僕だって社会人です。

たまたま可愛い子の写真に触れる事が多い、それだけだと言う事はわかってます。僕だって義務教育受けてるんです。

でもね、実際往々にして、そういう事はあるんです。

よく「●●国は美人が多い」って言いますけど、歴史・風土・風俗・文化で美人が多い地方というのは本当にあるんですよね。

逆に「ブチャイクが多い」という国だってあります。
皆さんのご想像通り、あの国は有名ですよね。

台湾は日本と同じ島国、それも日本と同じで広くは無い。
内省人・外省人がいるという点では日本と異なるけど、元を辿れば同系統の民族だったりします。

しかも同じモンゴロイド。
日本的に可愛い子が多いのは、たぶん日本と似たような文化だからでしょうね。

文化っていうか流行。
日本人が可愛いと思う感覚が、台湾人と同じようなもので、素材に加えてメイクやファッションが日本人から見れば「日本人的」で可愛いと。

それでいて黒目がちなんですよね、なぜか台湾の人って。男も。なんか男も可愛い。

僕は台湾には行った事が無いんですが、近隣で気軽に行ける国の中では、一番台湾が好きなので、いつかは行ってみたい国です。

そして黒目がちな目で、どうぞ僕を蔑んで頂きたい。
いつか行きます。台湾へ行きます。日本の恥が行きます。

ちなみに、さきほど皆さんが想像した国には行きたくありません。近いのにね。

記事の続きを見る

男女混合、全員全裸を強制された身体検査。女子はギャン泣き。

薔薇にゅーすさんから、衝撃映像です。

今でこそ僕も風呂に入る前にオナニーを欠かさない立派な大人になりました。
だからこそ「うわー女子との合同身体検査羨ましーwwwミユキちゃんの裸体を心眼で見る手間省けるwwww」とか思えるんでしょうけど、当時は割とそうでもない。

いや、実際心眼で見てたし、そういう気持ちがあるほどに僕の心にあるエロス畑は開墾してました。

だけど男子という立場は微妙。
見たいという気持ちは当然あるものの、見れる立場にあると意外にどうして良いかわからないものです。

社会人になってから受けた健康診断ともなれば、意識しないで済みます。

中学・高校では、意識するものの割とスケベをオープンにしてるから、男子同士で「覗きてーなw」とか女子に向かって「脱ぐの手伝おうか?」と真顔で聞いたりも出来ます。

それが小学校ならどうですか皆さん。
ヘタしたら、同室で行われる事だってあるでしょ。

ウチの学校の方針なのか教員が狂ってるのかわからないけど、教室で上半身裸になって、男子と女子が並んで保健室まで大名行列ですよ。正気の沙汰とは思えない。

その頃になれば胸もプックリ出てきてる子も多いわけで、僕ら男子はどこを見て良いかわかりません。

あまり子供だ子供だとバカにせんで頂きたい。
男ってなぁ早熟なんだぜ。
個人差はあるかも知れないけど、少なくとも僕は幼稚園児の頃から女の裸見て興奮してたぜ。

小学3年生の時点でエロ本を母親に見つかって、以後数年にわたって気まずい思いをしてた僕をナメんで頂きたい。
そして「こんな思いをするなら、もうエロ本なんかいらない」って気持ちは1週間しかもたなかった僕をナメんで頂きたい。

ジェンダーフリーも結構、行き過ぎた性教育も日本の性が乱れてると言うんだったら良いと思います。

だけどほとんどは「子供は何も知らないはずだよね!(天使を見るかのような眼差し」ってスタンスで出来てるものばかり。

アホか、皆知っとるわ。
それどころか、わしゃ8歳の頃にアソコ丸出しのポルノ雑誌見とるわ。

これ書いてて気付いたんですけど、もし男が早熟じゃないのであれば、よっぽど僕が育った環境が狂ってる事にならないだろうか。

今までネタのように、父親がエロかった・変態だった話を書いてきましたが、意外と根が深い事に気付いた。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング