洋。レイプ、あかん!

Misty Childrenさんから、衝撃映像です。

多くの日本人にとって、レイプは男からしても余り気持ちの良いものじゃない。
僕なんか頬を触ろうと手を伸ばした時に避けられただけで気持ちが完全に萎えます。

そんな小さな抵抗でも「うぐっ…」となって、その先を実行できない。

でも、映像として見るのは大丈夫です!見せてあげたい、いま僕すっごい笑顔。

今のようにネットどころかパソコンも無かった僕の少年時代。
いや、パソコンはあったし家庭に普及してたけど、少なくとも一家に一台ってレベルじゃなかったし、年齢バレそうだけど周囲を見渡してもパソコンのある家なんてどこにも無かった時代。

エロ情報の収集も今みたいに簡単なものじゃなく、道端に落ちてるエロ本ぐらいしか無かった。
僕が小学生の頃、度胸試しとしてエロ本を買うのが男子の間で流行していました。

で、僕は度胸を試し過ぎて、中学生になる頃にはすっかりエロ本を1時間立ち読みできるほどの剛の者になってしまいました。

あ、話がすっかり逸れましたが、そういうエロ本ぐらいしかエロ情報を手に入れる事が出来なかったわけです。

そんな中、映画の存在は僕らを照らす光でした。
映画ならば、大手を振って女性の裸を拝めるわけです。

特に昔は、それこそ1映画にワンシーンはヌードがあるような時代だったし、ブーム前で客足を見込めないホラーなんかは安易にヌードシーン・濡れ場を無理やりねじ込んでました。

そういうのを「映画を見る」という大義名分の元で録画するのが楽しみだった。

だけどね、そういう映画にはレイプ描写も結構あるんですよ。
しかも性犯罪大国・アメリカ発の映画だと、レイプ描写がとにかく暴力的。

女の顔は傷だらけ・鼻血まみれ、ギャーギャー抵抗し、男の狂気が猛り狂う。

こんなもんね、子供が見たらトウラマになりますよ。
子供が見るようなものじゃないけど、そこまで知らなかった。

それから数年、レイプモノの映像を見るのは大丈夫になったけど、やっぱり自分が加害者になる事を想像できない。

だからね、子供が見るようなものじゃないことを、敢えて子供に見せるってのも重要じゃないかな。
僕は少なくともレイプ犯にはならない自信があります。

人を安易に傷つける事もしないですよ、鼻血まみれの女の顔が頭にチラついて。

すっかり社会派の極東えろぐですが、何でも禁止にして子供に何の害も与えないっていうのは、いかがなものだろうかと思うのです。

レイプ犯にはならないけど、逆レイプの被害者になる夢は持ってます。やっぱり害与えちゃダメだね。歪むわ。

記事の続きを見る

昏睡レイプ。女性患者を眠らせ、中出しまでしてしまう鬼畜町医者。

アダルト動画dotbizさんから、鬼畜映像です。

もちろんこんな医者はいないんでしょうけど、よくよく考えたら一般人じゃ手に入れる事が出来ない強い睡眠薬なんかの使用も可能なんですよね、医者って。

学生の頃に受けた健康診断、当然女子の霰も無い姿もご覧になるわけで、僕は医者という職業に羨望の眼差しを向けると共に、ある意味じゃ可哀想なのではないかと考えてました。

毎日毎日、女性の裸に「イヤらしい気持ち」を一切排除した精神で臨み、おっぱいを見ようがアソコを見ようが動揺はしない。
色んなおっぱいを見れば飽きるのかも知れない。さすがにその気持ちはわからない。

私生活において、何の支障も無いのだろうか。
ただでさえ見飽きてるおっぱいなのに、夜になれば世界で一番見飽きてる嫁のおっぱいと向き合わなければならない。

仮に、万が一、診察中に好みの女性、好みの年代、好みの身体がやってきたとて、自分は欲情してはいけないんです。

無責任に医者羨ましいなーとか思うのは簡単だけど、実は羨ましい環境に身を置いている者ならではの苦悩があるのではあるまいか。

それはそうと、産科医になりたい。(全然わかってない)

記事の続きを見る

ロシアより、水かけまくって透けまくる衝撃的な祭り。

エロすぎる こんなところが 恐ロシア。

世界にはいろんな祭りがあります。
そのほとんどが願掛けなどを含めた「祭事」なわけです。

何百年、それこそ何千年も前から脈々と受け継がれた祭りがあります。
現代に照らし合わせたら、実はエロかったり下ネタ満載じゃねぇかって祭りも、結構あるんですよね。

日本でも民の子宝を願うお祭りの中で、なかなか直接的な行事があったりで、親御さん苦笑いな光景があったりします。

特に日本では、お祭りは神様が対象になってるので、簡単には変えられない。
でも変えちゃいけない事なんですよね。

ほんの数十年しか生きてない、そして今後数十年しか生きられないような現代の人間が、何千年も前から人から人へと受け継いできたものを簡単に変えちゃいけんのですよ。

実際ね、祭事には神様が関係してるんだから、非道な人種差別だったり特定の団体を侮蔑するような祭りなんて無いんだから。
ちょっと表現がエロいとか、拡大解釈すれば男女差別だとか、そんなここ数年で生まれてきたようなポピュリズムで語って良いほど軽々しいものじゃないんです。

でも、このロシアの祭りは絶対そこらへん関係ないです。でも続けてください。来年行きます。

記事の続きを見る

マッサージ店の皮を被ったケモノ。

エロゲバさんから、とどのつまりはレイプ映像です。

以前、在日タイ人から聞いた事があります。
最近は日本でもメジャーになってきた「タイ古式マッサージ」は、とにかく時間がかかる。

日本でオープンする以上、日本人の行動などに照らし合わせたサービスが必要になって、30分の簡単コースがあったり、60分のお急ぎコースがあったりします。

でも本格的に、というよりは正確なタイマッサージを受けるには、どうしても120分は必要なんですって。

時間をかけて全身をマッサージしていくわけで、マッサージを簡略化することは出来ないから、部位を省略せざるを得ず、30分や60分じゃ全身マッサージには至らないと。

「まぁ肩凝ってるから、肩だけでいいや」と思う事なかれ。
っていうか、僕も「肩凝ってる人は肩だけで良いんじゃね?」ってタイ人に聞いたんです。

聞いたのが結構前なので正確には忘れちゃったんですけど、マッサージを全身に施す事で肩こりをほぐすとかで、肩だけをマッサージするのは、数時間しかもたないみたいな事を言ってました。

まぁコリとかは血行の問題ですもんね、そうなりゃ全身やらないと意味ないのかーと納得したものです。

ちなみに、その在日タイ人は、以前僕が住んでたマンションのお隣さん。
タイ古式マッサージ店を営んでる人だけど、客じゃない僕に言ってたから信憑性は高いんじゃないかと踏んでます。

更にちなみに、僕が住んでたマンションは安いけど外国人やら妙にガラの悪い人が多く住んでる曰く付きの物件。
最初に説明があったけど、広さと利便性を考えたらかなり魅力的な家賃だったし、日本人ならではの近隣トラブルが無くて楽だと思って、そこに決めました。

転勤があって2年ほどでそこを離れたけど、結構楽しかったですよ。
上の階の中国人がほぼ毎夜、肉食獣のようなセックスしてたし。

一番仲が良かったのは、同じフロアに部屋を借りてた本格的インドカレー屋の店長さんかな。

バングラディッシュ人でした。

記事の続きを見る

待たせたな、天使の時間だ。

ぬけるエロ画像速報さんから、天使(妖精でも可)画像集です。

子供の頃って、具体的に神様の存在を信じてませんでした?
僕なんかは8歳ぐらいの頃、怖い夢を見ないように毎夜就寝前に手を合わせてお祈りしてました。

ちなみに、僕は先祖からの消極的・浄土真宗門徒です。
まさに罰あたり。

そこは良いんですけど、意外と天使の存在はそんなに考えた事が無かった。
完全に今回の特集とは趣旨が違ってますが、でも天使ってやっぱり日本人の観念には無いのかも知れませんね。

全裸の羽の生えた子供がキプキプ言ってるようなイメージ像こそあるものの、ほとんど想像した事が無い。
「まるで天使のようだ」って言葉は何度も吐いてるのに、「まるで」って言うほど天使を知らない。

ビックリマンの天使シールぐらいは知ってるけど、正直ヤマト神帝とこの女の子たちに共通点があるとは思えない。

そんなわけで一本釣神帝な女の子たちをどうぞ。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング