昏睡レイプ。餌食になったのは女子チアリーディング部…

ロリ美少女 時々 エロアニメさんから、壮絶乱交映像です。

僕の友達が勤める会社にはチアリーディング部があります。

関連企業も多く、日本人なら名前を聞けば「あーあの会社」と間違いなく言えるほどの、超大企業。
スポーツも盛んで、駅伝などの陸上などでもその企業を見かけます。

ちなみに、フェイクのために具体名・ジャンルは書きませんが、とあるプロスポーツでチームを持ってる会社です。

で、このチアリーディング部。
多くの学生チア経験者が入部していて、普通の運動部のようにスカウトやら推薦やらもある大きな部。

チアに憧れる女性も多く、「経験は無いけどマネージャーをさせてくれ」って人も多いんですって。結局断られるらしいけど。

そしてたまーにいるのが、表現は悪いけど「アイタタタな人」

まず社会人・プロ・実業団のチームともなれば、学生の頃のような課外授業・平たく言っちゃえば「趣味の延長」とは違うわけです。
今まで未経験だった人が、興味や憧れだけでおいそれとやっていけるような世界じゃないんです。

それでもいるらしいですね、入れてくれって人が。

僕の友達が他の同僚から聞いた話なので、どこまでが本当なのかはわかりませんが、とりあえず友達から聞いた事を誇張もデフォルメも無く書いてみます。

今年の春に入社した、とある新入社員の女性がチア部の門をたたいたと。
聞けば全く経験も無く、知識もなく、コスチュームが可愛いから、なんか華やかだからって理由だけで入部希望。

いやいや、無理無理。経験者じゃなきゃダメって規則があるわけじゃないけど、そんなナメた理由での入部は認めたくないし、第一長続きしない。諦めなさいと言うのをオブラートに包み込んで入部を拒否。

それでも諦めない女性新入社員。
結局は定数だとか今は入部の募集をしてないとか言って拒否しっぱなしなんですけど、それでもしつこく食い下がって現在に至るそうです。

3ヵ月ぐらい粘ってるのを見ると、多分本当に入りたいってよりは、叶わぬ夢を叶えるための努力と勘違いしてるんじゃないかな、との事です。これは友達談。

チアは確かに華やかだけど、実は練習量の多さに加えて、女性とは思えないほどの筋力トレーニングを必要とするスポーツ。
瞬発力・持久力・筋力の全てが必要なため、スポーツの中でもハードトレーニングな方なんですって。ヘタしたら応援してるスポーツよりハード。

確かに脳内お花畑な女の子に務まる競技じゃないですね。

ちなみに、その新入社員、150cmほどの身長で体重はおそらく60kgほどと推定されてるそうです。

まずはそこからだ。

記事の続きを見る

女子のお尻は、かくありたい。

ぷるるんお宝画像庫さんから、これに限る画像集です。

最近は小尻とでも言いましょうか、いわゆるモデル体型に憧れる女子が多すぎるとは思いませんか。

まぁ憧れてるだけで、なかなかの桜島大根足だったりしますが、男としては健康的なぽっちゃりムッチリを望みたい。
そこに男女の差があるような気がするんですよね。

僕の姉ゴリラは、「ゴリラ」と形容してるだけあって、なかなかの筋骨隆々っぷりです。
と言うのも、父親に体型が似てしまったから。

僕の父親は典型的な骨太・筋肉質な体型で、大学卒業以来は身体を鍛える事なくサラリーマン生活を送ってた筈なのに、筋骨隆々でした。

あまり自分の体型を気にする人じゃなかったので、晩年は中年太りを重ねに重ねましたが、それでも衰えない筋肉のお陰で、裸になった姿は現役時代の千代の富士のような体型に。

そんな男の血を引いてごらんよ、女とは言えど本当にゴリラになるから。
姉ゴリラが中3の時、ジーンズ生地のミニスカートが流行ってて、比較的オシャレな方だったゴリラも穿いてました。

もうジーンズ側からの猛烈な抗議ですよ。一切のシワが無い。
そして短いスカートなので、当然足の露出度が高い。

太腿からふくらはぎまでバッチリ見えるんですが、バッチリ綺麗な筋肉。刃牙かと思った。

そんな悪しき例もあるんだから、少しポッチャリしてるぐらいなんだ。

姉ゴリラは自分の事をポッチャリと思ってるようだけど、実際はモッコリなんだぞ。

記事の続きを見る

チャットをよくわかってない男女3人・友達同士、カメラの前でおセックス。

Vid Goodiesさんから、衝撃映像です。

某掲示板群で祭りになったとかで、知る人ぞ知る的な有名流出動画らしいです。

チャットとは色んな場所や人、それこそ世界中とリアルタイムで交信できるコンテンツ。
でも自宅で、パソコンの前で、そんな状況ではピンとこなかったんでしょうね。

自宅はプライベートフィールドと言いますか、ある意味じゃこれ以上閉塞された場所は無いはずだから。
そこにネットとカメラを付けたところで、最悪の状況を推測できなくても、知識が無ければ不思議じゃないわけです。

そんな事は往々にしてあるものです。

いま一生懸命、僕のあらん限りの力を振り絞って記憶を張り巡らし、経験談と共に例題を挙げてみようと思ったんですけど、見事に「僕の部屋で」的な場所で「オナニーを」的な行動しか出て来なかった。

そう言えば思春期の頃、ごっつオナニーばれたなぁとか思いだした。家族各々5回づつぐらい見てるんじゃないかな。

わかるでしょ、僕がPCにカメラつけないの。
危機管理能力がゼロだから、絶対オナニー映像が世界を席巻します。

オナニーを何度も家族に見つかる僕が、自分のファイルを流出させない道理が無い。

記事の続きを見る

SKE48の可愛いところを集めてみた。を、見てみた。

半角ピンクエログさんから、胸キュンアイドル画像集です。

世を賑わしてるAKBの地方版、東海地方のSKE48。名古屋の栄が来てるんですってね。

僕は最初、SKEとかNMBとかが出てきた時、ただAKBの流行に便乗しただけのグループだと思ってました。
あれですよ、90年代に「DA,YO,NE」が流行って、関西の「SO,YA,NA」を筆頭に全国でその亜種みたいなのが席巻したじゃないですか。あんな感じだと思ってました。

後で親は一緒って事を知って、別働隊みたいなもんかーと納得してます。

ちなみに、この解釈で合ってます?

可愛いなーと思ったりとかお宝映像を探したりとか、それなりの興味は持ってるんですけど、ファンってほどじゃないので、ファンの人からしたら全然違うわって思われるかも知れませんが、まぁでもいいじゃん。可愛いんだから。僕も反省してるし許してやれよ。

それにしても、このAKBの姉妹グループってローカルアイドルの括りに入れて良いのかなーと思います。
ローカルの割にはどのグループも全国的に知られてるし、全くアイドルに興味が無い人でも、いくつかのグループ名の名前ぐらいは言えるようなメジャーな存在ですよね。

一昔前というか、ローカルアイドル・ローカルタレントって、それこそその地方の人しか知らないような存在だったはず。

全国進出する前の、北海道の大泉洋、九州のスザンヌみたいな感じで。
お笑いタレントまで含めるととんでもない数になりますよね。

でもやっぱり全国規模で、それこそその地方に住んで無い僕でさえテレビで見かけるのに、ローカルアイドルって線引きはどうなんだろ。

知名度でローカルかどうかを区別するわけじゃないから良いのかな。

僕はこんなアイドルが好きでしたよーって書こうと思ったんですけど、年齢がバレそうで、正直シャレにならない年齢なのがバレそうでやめました。

中学生の頃、一番好きだったアイドルは、今じゃすっかりおばさん女優になってます。

記事の続きを見る

自室に仕掛けた盗撮カメラ。その一部始終。

薔薇にゅーすさんから、連れ込み盗撮映像です。

今やビデオカメラなんて、子供のお年玉程度で買える値段にまでなってますね。
僕がそんな子供の頃、ビデオカメラはとりあえず一家に一台レベルにはなってましたが、今みたいに誰でも持ってるってほど重要なアイテムじゃない時代でした。

少なくとも我が家では父親が「カメラで充分、映像なんて必要か?」というような人でした。
さすが昭和10年代生まれの人は気合いが違う。趣味の問題に必要・不必要で論じるなど、よっぽど不粋な人間じゃないと言えない。

ただ、父親はカメラが好きな人だったので、家には数々の写真があります。
子供たち(僕らね)の写真もあるけど、旅行に行っては風景をとるのが好きだったんですよね。

父親は数年前に死んじゃってるんですけど、僕の家には遺品である一眼レフのちょい高級なカメラが、多分どっかにあります。家のどっかにあります。こんな技術が無いと使えないようなもの、具体的にどこにあるか見当もつかないけどどっかにあります。

そんな父親写真集の中に、特に父親が好きだった写真、そこには僕が映ってます。

幼稚園の運動会、かけっこで僕が走ってる写真です。

なんだなんだ、散々な言われような父親だけど、子供の写真を大事にしてるなんて良い父親じゃないかと思われがちですが、全然違うのです。

僕が幼稚園のころ、運動会を前日に控えた夜、父親がこう言います。

「明日、『よーいドン』の『よーい』で走れ。きっと一位になれるぞ」
そりゃそんな大胆なフライングすれば、亀でも一位になれるわ。

で、まだ幼稚園で純粋な僕ですので、それが不正だとは夢にも思わず、そうか一位になりたいから『よーい』で走ろうと普通に思っちゃったわけですね。

そして見事、僕のアルバムには。

「横一列に園児が並んでる中、一人走りだしてる僕(保育士の先生の驚く顔もアリ)」

「当然、ぶっちぎりで、後続の姿が全く見えずにゴールテープを切る僕(父兄の皆さん、ごっつ笑ってる)」

の、2枚の写真があるのです。

幼稚園の運動会で正式な競技でも無いから、もういいやって事で大胆なフライングがあったけどスタートラインにいた他の園児も、そのままスタートさせたんでしょうね。

こんな赤っ恥かかされただけあって、幼稚園の頃なんてほとんど憶えてないけど、これだけは鮮明に憶えてる。

父親の隣にいた母親によると、どの父兄の方々よりも父親が一番笑ってたんですって。いや、死ねよ。死んでるけど。

自分の子供に恥かかせておいて、よく抱腹絶倒してられるなと。
そんな我が家の、思い出の写真は笑いで震える手で収められず、仕方なく母親が撮影したものです。

お前の一番好きな写真、お前が撮ったんじゃないんかい。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング