画像集。

ぷるるんお宝画像庫さんから、背徳感満載画像集です。

僕は子供どころか嫁も彼女も、ついでに友達もいないので現在は「人の成長」に触れてません。
ただ、子供の頃から姉という最も身近で同年代の「女子の成長」を目の当たりにしてきました。

だんだん弟である僕への接し方が変わってくる(冷たくなる)、妙にふっくらしてくる、そして妙に締まってくる、姉弟の間に流れる険悪ムードが本格化する、など姉が大学進学を機に親元を離れるまでの十数年間、姉の成長を見てきました。

だから同級生の女子にも、思春期特有の興味を持てなくてね。
いや、もちろんパンチラには興奮するし、体育の着替えで女子の裸をガン見してたし、アイちゃんはいい加減僕が飽きるまで全裸でいればいいのにとか思ってましたよ。

でも、先を知ってるじゃないですか。この体がどうなっていくのかを、風呂上がりに平気で全裸に近い状態でウロウロするような姉が身近にいると先にわかってしまうわけです。

だから余り期待してなかったと言うか、それよりも今を楽しもうと思ってました。

今だけ、この瞬間だけなんだ。
ぷにっとした体も、膨らみきれてない控え目な胸も、完成してない羞恥心も、全て今だけのものなんだ、その姿を目に焼き付けておこう、そんな事を考える10歳児ってどうだい。

今と変わってねー。

記事の続きを見る

実録、個人撮影。6人。

Vid Goodiesさんから、背筋も凍る本物映像です。

怖いの意味がちょっと違うけど、背筋が凍るように怖いです。
それなのに、全く関係ない話です。いいですか?いいですよね。もう諦めてますよね。

紹介先の動画で、ふとカメラの日時表示機能を見て気付いたんですが、1999年の4月と出てます。

僕が自暴自棄になってたのも、ちょうど1999年の4月。

当時でも割といい年だった僕は、いい年なのにノストラダムスの大予言を、そこそこ信じてました。
「何歳ぐらい」と大まかにも言わないのは、ノストラダムスの大予言をそこそこ信じるような年頃じゃないのに信じてたのが恥ずかしいからです。

更に個人的な話になるんですが、当時の僕は音楽をやってたんです。
そこそこマジメに音楽をやってる、そこそこノストラダムスを信じてる、そこそこのバンドマンでした。

ちょうどこの時期、音楽をやっていく上での転換期の時期で、そろそろちゃんとしたアンプを買った方が良いんじゃないかってぐらいの時期。

ライブハウスにもアンプはあるけど、たまーにウンコみたいなアンプで音割れ甚だしい事もあって、仮にもそこそこマジメにやってるんだったら、そこそこの音を維持しなさいよとアドバイスされて。

だけど金欠バンドマンにはアンプなんて夢のまた夢。
だから、この1999年4月某日、ノストラダムスに賭けてみたんです。

滅亡するなら、借金しても良かろうと。
っていうか、滅亡するならアンプのついでに、一緒に楽器まで買っちゃっていいよね?と。

最初っからローン丸出しのつもりで、更にローンの保証人として当時某大企業に勤めてた父親の社会的信用を利用して、僕の収入からは考えられない破格の値段でアンプと楽器、ついでにラック式のチューナーまで購入。

合計で200万近くいったんじゃないかしら。かなり良いもの買っちゃったし。どうせ滅亡するかもだし。

いや、本当に滅亡すると確信してたわけじゃ勿論ないですよ。
おそらくは普通に8月を過ごしてるんだろうなーって思ってた。

だけど、ノストラダムスが僕の背中を押したのは間違いが無いんです。

で、その後、貧乏ヒマ無し状態に陥って、月に9万の収入しか無いのに、13万のローンを払う事になっていったとさ。当時体脂肪率が5%台まで落ち込んだ時は、いよいよ僕だけが滅亡するんじゃないかと思った。

更にその後、音楽の夢破れて、長かったローンも払い終わって、今じゃデカいわ金かかるわで捨てるに捨てれない邪魔なアンプが部屋のオブジェと化してるとさ。

記事の続きを見る

水着画像。スク水とか競泳水着とかスク水とか。あと、スク水とか。

半角ピンクエログさんから、なんていうか、スク水です。

僕が通ってた小学校には、正式な部活というわけじゃないんですが、「陸上水泳クラブ」というのがありました。

夏は水泳(競泳)をして、それ以外のオフシーズンは陸上をするという目的が今一つ掴みきれないクラブですね。
部活みたいなハッキリとした課外活動じゃなく、僕は入って無かったから知らないけど多分月謝とかもあったんじゃないですかね。

学校主催の同好会みたいに思ってくれれば良いです。

で、ハッキリとした部活じゃないから、大会に出る時はクラブ外からもスカウトの上、選手として応援に行かされる事もありました。
ほとんどの親御さんは「運動不足の解消・泳げるようになるため」を主目的として子供をクラブに入れてたような感じだったので、選手を育てる的な活動じゃなかったんですよね。

僕は陸上と水泳に自信はあったんですが、放課後はドラクエをしなければならなかったのでクラブには入ってませんでした。
でも体育の授業なんかで徒競争も水泳も上位にいく事があったので、たまに選手として大会に参加させられる事がありました。

その時に初めて、スク水じゃない競泳水着を見る事になりました。
うちの学校は全員スク水だったから、余計に目についてね。

飽くまでも生徒の体力強化を目的としてるうちの学校のクラブとは違い、中にはちゃんと競技として力を入れてる学校もあったんでしょうね。

要するに結果はボロ負けだったんですが、それはどうでも良し。
子供心に競泳水着のピチピチ感が堪らなくエロスに感じるわけですよ。

ほら、子供の頃って、スク水見ても何とも思わないじゃないですか。
それが当たり前だと思ってるし。

だから競泳水着のボディライン丸出しの水着が凄く新鮮で、気が付いたらずーっとお尻見てた気がします。先生のお尻も見てました。何とか平泳ぎの後ろを付いて行く事は出来まいかとか考えてました。

それが大人になってみると面白いもんで、これぐらいの年頃の女子が着るとスク水も競泳水着も大差が無いんですよね。どっちも同じぐらいエrゲフンゲフン

この記事タイトルの迷走っぷりは、そういうわけです。

「少年のような心」と女子は言うけど、僕少年の心ごっつ持ってます。
少年の頃から本気で変態だっただけです。

8歳でマ○コ見たいって思ってたの僕だけじゃないかしら。

記事の続きを見る

本物の処女が、破瓜される瞬間。

薔薇にゅーすさんから、衝撃映像です。

破瓜という事で、出血的な意味で閲覧にはご注意ください。

いたよ、いたいた。
処女喪失の瞬間をビデオに収められてた女の子。

最近知りあった女の子で、元々は友達の友達の友達みたいな遠い縁。
男女数人でメシを食った時に、たまたま隣り合わせたんですが、色々話をしてるうちに、下ネタになり、僕の極東えろぐを運営してる知識を総動員して周囲がドン引きするぐらい下ネタに花を咲かせてました。

するとね、ちょうどハメ撮りの話になった時に、その隣にいた女の子が「あ、私もハメ撮り経験あるよwww」と言ってきたんです。

私もって。僕は無いんですけど。
まぁいいやと話を聞いてみると、初めての彼氏がそういうご趣味をお持ちだったとか。

経験が無い事を告げると大喜びでカメラ持ってホテルに連れていかれたそうです。

それを笑い話にしてるんです。自分の事なのにまるで対岸の火事なんですよね。
初めてとカメラの二重に緊張したwwwとか言ってるんです。

そこで、たぶん女子はわかってないであろう、流出の怖さを切々と語ってみました。

最初は「元彼そんなヤツじゃないしwww」とか「もうだいぶ前の話だしwww」とか言ってたんですけど、徐々に徐々に顔色が変わっていってね。

元彼さんがどういう人か知らないけど、仮に超善人だとしてネットで公開したり業者に売ったりはしないとしても、流出は意図せず流れるものだから。
だいぶ前でも一緒。そういうのが趣味なら、多分今でも撮影は続けてる。今までの彼女の輝かしいハメ撮り映像がPC上に保存されてるよ、きっと。

などなど、向こうのノー天気な反論を一々論破してたら、「どうしよう…元彼の連絡先いま知らないんだけど…」と最終的には元本の削除を希望するようになりました。
初めての子に撮影を頼むってのは、これだけ酷な事なんですね、何も知らないから。

つまりリスクも知らない。
まぁこの子、割と良い年でしたけど。最初は仕方ないけど、その年になるまで気付けなかったんだ。

そして、どんどん顔色が悪くなっていく女の子を見ながら興奮してた僕は、一番厄介なご趣味をお持ちな気がします。

記事の続きを見る

洋物、遊び。

Misty Childrenさんから、天使が小悪魔に見えるアレです。

凄いの一言。

年々、規制が厳しくなっていってます。
確かに昭和の頃には、今では信じられないようなヌード写真集が存在してました。

じゃあその頃、海外ってどうだったんだろ。
昭和は西暦で言うと1989年まで。それまでの海外の映画を見ても、確かにオヤオヤ?って思う事が多い。

僕が割と気に入って、ビデオも買った映画があります。ちなみに、マイナーなベルギー映画でDVD化されてません。

ストーリー的には、一人の少年を主人公として、少し生意気な女との恋愛とも友情とも言い切れない交流を、ベルギーの原風景をバックに大人たちとの優しい触れ合いを絡めた話。

ここにちょいちょい女の裸が出てくるんですよね。
ほっとんど胸が出てないんですけど、「ほとんど」なだけで、ちょっとだけ出てるんです。

どれぐらいだろ、日本で言えば小学生高学年ぐらいかな。

露骨な性の話をしてるわけじゃないんですけど、女が「私のおっぱい触ってみなよ、大人はみんなしてるんだよ」的な軽い性描写もあったりするんですよ。
うわー、これ今放映できるのかしらと思うんですよね。

まぁ少なくともメジャー配給じゃムリですよね。
単館上映ならあり得るけど、「芸術」と「常識」では後者が優位とされる現在、やっぱりムリでしょう。

で、これを書きながら久しぶりにこの映画を思い出して、所有のビデオを探し出してパッケージに記載されてる制作年を見てみたら、1990年だった。

平成2年だった。ごめーん。

「日本で言えば小学生高学年ぐらいかな」ってくだりを書いてる時に気づいたんですけど、そのまま突っ走ってみました。ごめーん。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング