洋女と、毛むくじゃらの男。

日本では余り良い印象の無い体毛。
でも西洋では当然というか、あった方がセクシーだと言う人が圧倒的に多いんですよね。

なんかの海外ドラマで

女「あら、こんな(胸部)ところに一本だけ毛が…」

男「そうさ、これは僕の宝物なのさ」

と、いけ好かないベッドシーンを繰り広げてた事もありました。

僕は割と体毛が薄い方で、それでも時代的には良かったーって感じですが、僕の体毛の薄さは父親からの遺伝です。

父親は見事に、それでも多少はある僕とは違い、腕・胸・足、まったく無毛状態。
チン毛ボーボーでしたけど。

父親の若かりし頃、体毛の濃さが男としての売りになってたそうで、暗い青春時代を過ごしたとか。

父親の若い頃の写真を見ると、体毛の薄い野獣ですけどね。

記事の続きを見る

書道教室にて、中出し。

ロリ美少女 時々 エロアニメさんが、趣のある危険な記事を紹介してます。

書道教室って、まぁぶっちゃけ「字が巧くなる」以外に得るものがないじゃないですか。

いや、もちろん精神を養うとか、居住まいを正す美しさを学んだりとか、副産物は多いです。
でも教育ママさんからすれば、習字よりも塾に行かせたり、スポーツのチームに入れたりしたいわけです。

僕も子供の頃通いましたけど、小3ぐらいで辞めさせられましたもの。公文いけ塾いけと。

思い返してみれば、大人どころか高学年のお兄さん・お姉さんすらいなかったように思います。

そういえば、通ってた書道教室のおばさん先生、妙に僕に甘かった。

記事の続きを見る

無毛女、3P。※個人撮影

アダルト動画dotbizさんとこの、何とも危ない映像です。

そりゃ3Pだのハメ撮りだの、今時AVじゃ珍しくないです。

この手の、女が出演してる映像でつくづく思うのは、マジメそうな子ばっかりなんですよね。
「まさかこんな子が」って思う映像の多いこと多いこと。

この子らの親は「まさかウチの子が」って思うでしょうね。
こんなマジメそうな子だけど夜遊び全開パワーだったら話は別ですが、こんなナリで学校と塾に行かれたら親は安心ですよ。

それで日曜に友達と遊んできまーすとか言いつつ外出しても、親は露ほども疑いますまい。

記事の続きを見る

フィリピン、ハメ撮り。

薔薇にゅーすさんから、海外モノの映像です。

そう言えば昔の島耕作でこういったアジアの暗部に触れる事が何度かありました。

まだ「課長」時代だったと思いますが、出張やら転勤で訪れた東南アジアで、その現状を思い知る、みたいな回。

当時は80年代で日本はバブル真っ盛り。
アジアで唯一の勝ち組状態で、経済大国・日本から見た視線でしたが、今だったら表現が変わるのかな。

貧民層では「愛人」を生業とした女性も多いとか描かれてました。

何の知識も技術も資格もいらない上に、未だ先進国の支社・工場が多い事から海外からの富裕層も多いわけで、手っ取り早く稼げるんでしょうね。

今後、日本はどうなるのか。

この動画がそれを物語ってるのかも知れませんね。

記事の続きを見る

ゆき。

はい、このシリーズ。
怖い怖い。

「ゆき」という名前、初恋の女の子と一緒だ。

クラスで一番人気があった女子でした。

小学校の頃のクラスメートだったんですが、まぁチンコに毛が生えてない少年の恋心ですから。
相手に告げる事もできずに卒業して、そのまま僕は引っ越して土地を離れて、その後どうなったかわかりませんでした。

そして20歳の頃、同窓会で再会。

アバズレみたいになってました。

これがまぁ見事にアバズレ。

「いやぁ、ゆきの変わりようにはガッカリしたねぇ」と、ガン黒ケバギャルになった「ゆき」の外見に、元クラスの男子と失望の念を語ってると、「ゆき」と高校まで同じだった男子が僕らに密告。

「ゆき」は高校一年で妊娠と堕胎を経験して、そこで吹っ切れたんだか何だか知らないけど、誰かれ構わず抱かれるビッチに変貌。

性病になるわ、再度妊娠騒ぎを起こすも心当たりが満載すぎて誰が父親かわからない状態に。

ここまで見事なるアバズレになるとは思ってなかったけど、ルックスだけは良かったから20歳当時でも男には困らなかったとか。

「ゆき」って名前も、エピソードもガチ話なので、身バレするかな。

僕だよ、僕僕!
ヒマさえあったら校庭ののぼり棒でチンチンを狂ったように擦りつけてた僕だよ!

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング