世間を騒がせたあの男による流出映像。「美由」

Vid Goodiesさんから、またもやとんでもない映像です。

タイトルではバッチリぼやかしましたけど、あれです。

騒がせたどころかタイーホまでされちゃって、ネットではざまぁwwwの声がしばらく絶えなかった、あの男です。

芸能界を夢見る女に、ド変態的枕営業を強制し、それを繰り返した男。
ここまで自分の欲求に正直な男も珍しいですね。

男なら誰しも欲望はありますが、まぁ言えないですよね。

僕だってカーセックスがしたいとか、それもワンボックスじゃなく普通のセダンでしたいとか、願わくば後部座席じゃなく更に狭い運転席か助手席でしたいとか、色々あるわけです。色々?

でもやっぱり言えないんですよ。
「えwwwなんでここでwwww」とか言われたら「冗談冗談!」とかゴマかしてしまう。

僕の「狭い場所フェチ」がバレてしまう事より、抵抗されたり冗談と取られたりする事でフェチそのものを否定されるような気がして。いや、まぁ否定してるんだけど。

閉所恐怖症じゃない女を絶えず募集中です。いい加減応募しろバカ。

記事の続きを見る

洋女と、毛むくじゃらの男。

日本では余り良い印象の無い体毛。
でも西洋では当然というか、あった方がセクシーだと言う人が圧倒的に多いんですよね。

なんかの海外ドラマで

女「あら、こんな(胸部)ところに一本だけ毛が…」

男「そうさ、これは僕の宝物なのさ」

と、いけ好かないベッドシーンを繰り広げてた事もありました。

僕は割と体毛が薄い方で、それでも時代的には良かったーって感じですが、僕の体毛の薄さは父親からの遺伝です。

父親は見事に、それでも多少はある僕とは違い、腕・胸・足、まったく無毛状態。
チン毛ボーボーでしたけど。

父親の若かりし頃、体毛の濃さが男としての売りになってたそうで、暗い青春時代を過ごしたとか。

父親の若い頃の写真を見ると、体毛の薄い野獣ですけどね。

記事の続きを見る

書道教室にて、中出し。

ロリ美少女 時々 エロアニメさんが、趣のある危険な記事を紹介してます。

書道教室って、まぁぶっちゃけ「字が巧くなる」以外に得るものがないじゃないですか。

いや、もちろん精神を養うとか、居住まいを正す美しさを学んだりとか、副産物は多いです。
でも教育ママさんからすれば、習字よりも塾に行かせたり、スポーツのチームに入れたりしたいわけです。

僕も子供の頃通いましたけど、小3ぐらいで辞めさせられましたもの。公文いけ塾いけと。

思い返してみれば、大人どころか高学年のお兄さん・お姉さんすらいなかったように思います。

そういえば、通ってた書道教室のおばさん先生、妙に僕に甘かった。

記事の続きを見る

無毛女、3P。※個人撮影

アダルト動画dotbizさんとこの、何とも危ない映像です。

そりゃ3Pだのハメ撮りだの、今時AVじゃ珍しくないです。

この手の、女が出演してる映像でつくづく思うのは、マジメそうな子ばっかりなんですよね。
「まさかこんな子が」って思う映像の多いこと多いこと。

この子らの親は「まさかウチの子が」って思うでしょうね。
こんなマジメそうな子だけど夜遊び全開パワーだったら話は別ですが、こんなナリで学校と塾に行かれたら親は安心ですよ。

それで日曜に友達と遊んできまーすとか言いつつ外出しても、親は露ほども疑いますまい。

記事の続きを見る

フィリピン、ハメ撮り。

薔薇にゅーすさんから、海外モノの映像です。

そう言えば昔の島耕作でこういったアジアの暗部に触れる事が何度かありました。

まだ「課長」時代だったと思いますが、出張やら転勤で訪れた東南アジアで、その現状を思い知る、みたいな回。

当時は80年代で日本はバブル真っ盛り。
アジアで唯一の勝ち組状態で、経済大国・日本から見た視線でしたが、今だったら表現が変わるのかな。

貧民層では「愛人」を生業とした女性も多いとか描かれてました。

何の知識も技術も資格もいらない上に、未だ先進国の支社・工場が多い事から海外からの富裕層も多いわけで、手っ取り早く稼げるんでしょうね。

今後、日本はどうなるのか。

この動画がそれを物語ってるのかも知れませんね。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング