とも。

「とも」というのは、名前です。つまり「ともちゃん」です。

撮影時期は2002年。既に8年が経過してる事になりますね。
このように撮影時期が若干昔にさかのぼる事が多く、「若気の至り」としても楽しむ事が出来ます。楽しむのは想像内だけですけど。

そして「若気の至り」は、こちらの映像のように元気でケラケラ笑うシーンが多ければ多いほど、逆に痛々しく感じます。

ただ、映像が残ってしまえば、後悔は重圧となり、ただの「若気の至り」が将来をブチ壊すほどの爆弾であることを、この時の「ともちゃん」は知らない。

なので、立派に後悔、となるわけです。

記事の続きを見る

フィリピンより、饗宴

アジア人の一員として、触角が反応せざるを得ませんね。

個人撮影モノの流出が止まりません。
世界中どこからでも、しとどに流れっぱなしです。

特にアジアからの流出は映像にしても画像にしても、えげつないのが多い。

なんとなく「生活」を感じさせるんですよね。
安定した生活を送れておらず、仕方なしに自身を売るしかないのか。

ネットの知識も薄く、ハメ撮りのリスクがわからず、倍額払いを条件に出されたら受け入れてしまう。

そんな感じ?勝手な想像力です。

だって、言葉わかんないんだもん。

記事の続きを見る

えり、ゆき。

全ての動画を見てデータ化したわけじゃないので、断言はできませんが、それでもこのシリーズで乱交って珍しい。

女子2人。
なるほど。怖い。実に怖い。

まぁ中身見てくださいとしか言いようが無いです。毎回このシリーズになると話逸らしたくて仕方ない。

乱交に絞ってみましょう。

僕はノーマルなド変態でありまして、風俗のオプション以外で乱交の経験はありません。
乱交って言っても、二人の女の子にぬるぬるしてもらっただけ、性病の心配無用な手コキマッサージなので、正確には乱交とは言えません。

一人だけ、男2・女1での3P経験者が友人にいますけど、全員知ってるメンバーだったので気持ち悪くて具体的に聞いてない。

うん、まぁつまり乱交に絞っても経験談ないですよって話です。

ちなみに、男2の内の1人は僧侶です。仏罰とか下れ。

記事の続きを見る

洋少女たちのロリ画像、並べてみた。

半角ピンクエログさんから、大好物いただきました。

ジーっと食い入るように、舐めるように見てしまいましたわい。
この手の画像スレ系って、見始めたら止まらないですよね。

ふんふん!と最後まで見て、画像を堪能した・保存もおk!って後で、関連スレをどんどん見てしまってね。

気づいたら2時間経ってたなんてザラにあるもの、僕。

まぁ100歩譲って、僕が要治療の段階に入ってるとしても、止まらないのは皆同じだと思います。

さて、今回の特集では、海外の(ごく一部「和」もアリ)女たちがビーチで遊んでる画像が多くを占めてます。

なんか、…文化の違いなんだろうね。

記事の続きを見る

縛られる女。

僕もこのシリーズどころか、こういった動画の存在を知る前から、この事件は知ってたぐらいですから。

芸能界を夢見る女を、自らの立場を使って騙して強要した、許しがたい映像です。

芸能界とは、本人の努力も必要でしょうが、それ以上に運やら何やらが必要になったりします。

僕には一人姉がいますが、この姉が子供の頃から芸能界志向、タレント志向の女で、小・中学生の頃からオーディションがあれば書類を送ってた身の程知らずガールでした。

だけど姉にはルックスという「才能」がありません。これも「運やら何やら」です。

それを掴む方法なんて素人にはわかりませんもの。そりゃこんなオッサンでもプロダクション関係者だと知ったら、それが「運やら何やら」だと錯覚してしまうのも仕方ない。

女は確かに騙されるアホですが、悪くはない。悪いのはこのオッサン。

ちなみに、僕の姉は芸能人で言うと誰に似てるかと問われれば、「ゴリラ」と答えざるを得ない。

記事の続きを見る

沖田彩花/Sweet Story openload(再生ボタンをクリック)

再生画像
アクセスランキング